Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
寝不足が続いています・・・
一巡した直後、試合は二巡目に入って、ファンニステルローイ様W杯初ゴール☆
でもその時は体調不良で撃沈していました・・・
なかなか思うように観戦できないけど、めげずに対談形式第2弾。

⇒ 続きを読む
2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
一巡して
ワールドカップ開幕後、初のエントリです。
1試合目のが一巡してしまったので、
Colorful days2的に振り返ります♪
いつもの対談形式で・・・(長いのでたたみます)
⇒ 続きを読む
2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
GOAL!
映画「GOAL!」を観ました♪

「王様のブランチ」で人間ドラマがいいので!とおススメされていたけど、
これはサッカー好きなら、さらに100倍楽しめると思う。

本物のプレイヤーが多数出ていて(合成だよね??)、見応えありあり。
舞台のニューカッスルというチームに関する知識がほぼなかったのですが、あのスタジアムはすごい!
セント・ジェームズ・パークっていうのね(それも知らず)。
スタジアムがいちばん最初に映った時、試合がない場面だったので
観客は誰もいないシーンだったんだけど、
外観や座席の配置具合などを見てすぐに、
「おお~」とあちこちから感嘆の溜息が(私もその1人)。

最初、練習生なので、リザーブチーム(こっちでいうとサテライトかな?)に
参加できるかできないかというところから始まる。
徐々にステップアップして、ついにトップチームのベンチ入りを果たす。
ロスのアマチュアクラブにいたサンティアゴ(主人公の名)が、
あのスタジアムに立つってどんな気分なんだろう?

そしていざ、試合の場面。
サポーターがすごい・・・
っていうのは、映画上でも解説があったし、
上映後に購入したプログラム上では、トニーのおやじが解説してくれていた(笑)。
パブで応援する人、スタジアムで応援する観衆、それぞれが映る。
どうも自分達とかぶらせてしまう。
『今のは(イエローカード)出せ』とか(笑)

早くサッカーが観たい。
ナビスコ勝ち残ってたらここにはいなかったはずなんだけどな
とか思いながら(苦笑)

私は海外サッカー、どこに観に行きたい?
って聞かれたら「プレミアリーグとブンデスリーガ」と
昔から答えてきたので、(スタジアムの雰囲気重視)
海外に観に行きたくなるかとも思ったけど、
それよりは早く味スタでもなんでもいいから東京の応援を思いっきりしたい。

サンティアゴはたまたまプレーを見ていた元選手が、クラブ所属でもないのに
クラブに必死に売り込みをするところから話が始まる。
映画ではそんな偶然が重なって、プレミアリーグへの入り口が開けたけど、
同じ様な境遇でサッカーをしている「原石」が
実は世界中のどこかにたくさん埋もれているのでは、と思うと
ちょっと恐ろしくなった(汗)
でもそういうのも諸々含めて、上に登り詰めていくというのは素晴らしいことだね。

GOALは秋に2が公開、来年春に3が公開されるそうです。
2はヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦編、3はワールドカップ編。
もちろん全て観に行きます!!

2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ワールドカップを前に(3)
「ワールドサッカー雑学辞典」
を読む。

この本は、偶然手に入れたものなのに、なかなか馬鹿にできない内容だった。

①ワールドカップ出場各国のカンタンなプロフィール
 →ただし、地図帳みたいな首都、人口、名産などのデータが中心
 →名鑑は4月現在のもので正式な代表メンバーではない
 →ヨーロッパ、南米各国は②、③を織り交ぜてページ数が多め。
②有名選手のプロフィール
 →たとえば私の好きなファンニステルローイの場合
 『顔が長いことで有名なスーパーストライカー』という出だし(笑)
 肩の凝らない内容になっている・・・
③人名についての雑学
 →オランダ人になぜ「ファン」が多いのか
 →ジョン・テリー、ハンス・オフト、ヨハン・クライフの共通点
 (答:ファーストネームの語源が同じ)
④レジェンド・プレイヤー
 →ペレやマラドーナ、プラティニからバッジョ、ストイコビッチまで
 数名の選手の紹介
⑤その他サッカートリビア
 →『子供と一緒に入場するのはなぜ?』『白黒サッカーボールの謎』
 などなど
⑥その他コラム
 →『W杯出場を逃すスターの理由(過去4大会くらい)』
 『最高のストライカーたち(競馬の馬柱のようになっている)』など

有名なプレイヤー達のイラストが似てることでまず惹きつけられた。
そして私は③のような雑学大好きだし、⑤も、けっこう知ってるようで
知らないことが多かった。
①の中で、ヨーロッパ諸国の雑学は圧巻。
イングランドとイギリスの違い、スペインの地域性の違い、そして、
旧ユーゴの解説に至っては地図付きで解説されており、
およそサッカーの本とは思えない(笑)
聞いたこともないような国が出てくると、
地図帳で場所を調べたくなってしまうような私にはたまらない。

これは、W杯始まるまでの暇つぶしで。

2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ワールドカップを前に(1):(2)があるかは不明
はー・・・

ドイツに行きたーい

行けるのは行けるよ、だってボーナス出るしね(遠い目)
だけどもはやそういう問題ではない。
この時までこつこつとお金を貯めたというそこのアナタ、賢明です
私にはできなかった・・・(涙)


最近はサッカーと言えば、もっぱらW杯モードです。
あの日本代表23人の発表の日も、携帯サイトのメルマガでチェック。
FC東京を応援する私としては、無事に土肥さんが選出されてほっとした。
加地がG大阪に移籍しなければ10倍楽しめそうだったんだけど(汗)
もうすっかり落ち着いちゃいましたが。ジーコさんの選出は意外でした。
どんなことがあっても久保は選ぶと思っていたからさ・・・
久保のインタビューは見ていて辛かったわ。

これまでW杯と言えば2大会連続で「服部(年宏)が選ばれるかどうか」ということに
重点をおいていたため、すっごい気楽に発表を聞いたし、ゲームも純粋に楽しめそう。

そして、同じ5月15日は、各国の代表もすべて出揃った。
携帯サイトでは速報が見れるため、いっぺんには覚えられなかったけど
どこの国も、いろいろあるみたいだった・・・(特にドイツ)。

海外サッカーはあまり良く分からない私にとって、
近頃のエルゴラの情報や、各サッカー誌の特集記事、特別編集の雑誌はありがたい情報源。
時差があるけど、なるべくたくさんの試合を観たいな。

日本戦以外で期待しているのは・・・イングランドです。
ルーニーがいなくても、他の選手で何とかなってしまいそうな気がするのは私だけ?
ジェラードが前回出てなくて、
つまんないなーと思っていた(たいして知りもしなかったクセに)
ので、今回見られることがありがたい。出てるだけでいいよ(笑)。
そして、ランパードもいる。
ジョン・テリーは渋い顔してるけど5歳下か・・・
知ってる人がいっぱいいるな~
・・・とか、そんな単純なノリでメンバー表を見ています(笑)
晴れて出場が決まったファンニステルローイ(オランダ)も見られるし
あとはジダン、最後の勇姿も忘れちゃいけないポイントでしょうか?

そうそう、忘れちゃいけない、『同級生イレブン』を探してみたら
イレブンにならないよ

~数少ないタメ年選手たち~

・クレスポ(アルゼンチンFW)
・ベッカム(イングランドMF)
・ダリオ・シミッチ(クロアチアDF)
・ミチェル・サルガド(スペインDF)
・ネスタ(イタリアDF)
・田中誠(日本DF)
・川口能活(日本GK)

日本風に、1975年4月~1976年3月生まれと、
こういうところで披露するにあたり、日本代表以外は
ある程度有名であることが対象なんですが。
年齢が年齢だけに、キビシイのかな・・・むなしい(苦笑)。
1998年も、2002年も、苦労したので、穴の開いた世代なのかしら。

1つ下にはかなり有名な方々がいっぱいいました
ファンニステルローイ、ファンブロンクホルスト、エメルソン、ロナウド、トッティ、ビエラ、バラック、シェフチェンコ・・・
日本だとナカータと福西にあたります。

サムライ代表は「日本てやっぱダメね~」と言われないよう(特に海外サッカーファンに)
頑張ってきてもらいたいわ。
少しでもJリーグを観てくれる人が増えますように。

2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
back | home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。