Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
一緒に歩く
私がいる位置から見えるカレンダーは日曜日始まり。
3/5(日)開幕戦、味スタにて(下記エントリ参照)。
3/8(水)ACLを観に国立競技場へ。
3/11(土)横浜FCの試合を三ツ沢競技場へ。

1行に3回の観戦か・・・
ACLはどうしても観たかったんです。
最初は、試合日程とかも特にチェックしていなかったんだけど、
携帯サイトで知り、「今日、コクリツでやるんだ」と思った瞬間、行かずにはいられない(笑)
常々、もっと重点を置いてほしいと思っている大会、
コクリツでやるのに、行くっきゃないだろ~どうしよ~
と家でじたばたしてたら、
日常生活からの脱出を望んだ(笑)母が『私、一緒に行こうか?』とノって来た。

かくして、4400(人)分の2になった母娘。バックスタンドで静かに見守っていました。
さすがに1週間前のことでおぼろげなことも多いのですが、前半終わった時点で、
「勝てるんじゃないか」と思ったのは事実です。
韓国リーグのチャンピオンってこんなもんなのかしら・・・などと考えてしまいました。
でもでも、時折見られる個々の選手(金髪キラキラの)のスピードは
ゴール前に来るたびに緊張が走りました。
後半、失点の場面は、自滅ミスも絡んでいたけど、あっという間にゴールを奪われます。
0-2。どちらも、本当に一瞬で仕留められてしまいました。
1点でも取り返してほしいな、と思いつつも、ヴェルディの攻撃は
前半のような勢いがだんだんなくなってしまって。
残念ながら、その後はあっけなく終わってしまった感じがしました。

今シーズン、J2に降格したヴェルディ。
メディアによると、「今年の最大目標はJ1昇格」。
でもできることなら、さあ!ACL!アジアチャンピオン目指せ!
・・・と意気込みの強いチームに参加してほしいです。
予選リーグとはいえ、アジアのチャンピオンに向かう大切な大会の1試合なのに、
観客数だけでなく、総合的な盛り上がりが寂しいし・・・
日程の問題以前に、やっぱりJ2のチームじゃ無理があると思いました。
(最大目標が昇格になるのは当然のことだと思うので)

さて、そんな肌寒い夜のACL観戦とは一転、気持ちよく晴れた
11日(土)、横浜FC×サガン鳥栖。
とにかく天気が良かったので、屋根のない三ツ沢競技場、とにかく開放感があって、
本当に気持ちよかったです。なんだか観光気分。
芝生も味スタよりキレイで色鮮やかでした(^^;

横浜FCといえば、第1節で監督が解任され、サポーターは怒り爆発。
前日に報道されていた「応援ボイコット」は事実で、GMの挨拶時には野次が飛び交うという
ちょっと異様な雰囲気でスタートしました。
ACLに続き、正直ここでも"一見さん"であることに間違いはなく、
自分達のしていた会話、周りの人達に不愉快な思いをさせてなかったどうかが心配。

結果はスコアレスドローだったんだけど、「なんでソレが入らないの!?」
っていうシーンが両チームとも、たくさんありました。

フロントへの怒りをあらわにし、しかし応援するために試合会場にちゃんと足を運ぶ熱いサポーター。
黙って見つめている彼らにゴールをプレゼント、という筋書き通りにはいかなかったけど、
試合後の挨拶、彼らは選手がピッチを去るまでずっと拍手をやめませんでした。
感動した一方で、「それでも闘いは続く」という、見えない、長い道のりみたいな物を感じました。

さあ、今週末は自分が熱くなる番♪
新潟で完敗後の東京はどんなパフォーマンスを見せてくれるでしょうか?
ジャーンや栗ちゃんの復帰など、嬉しいニュースもあるので楽しみです。

・・・?

案外当事者は、長い道のりなんて関係ない?
自分と東京にあてはめれば、"ただ一緒に歩いているだけ"という感覚ですね(笑)
スポンサーサイト
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< ひと通り愚痴ります | home | 新生FC東京の船出 >>
コメント
最後のワン・センテンス、いい表現だな~。
何か無理もしてない、無駄もない、自然な営みというか、やっぱり日常というか。
そこに喜怒哀楽があって、過去があって未来があって、でも大切なのは今、共に歩いているという事。
より多くの人が青赤にそれを感じる事ができれば素晴らしいですね。
まだ行き先が明確に定まってないけれど(笑&汗)、無理に走らず、無駄に止まらず、前に歩くガーロ東京と一緒に進んで行きたいです。
2006/03/17 Fri| URL | TATSU
[ edit ]
>TATSUさん

そう、喜怒哀楽を共に歩いていく。
ガーロ新体制なんだけど、あくまで東京との距離は変わらず、といった感じで、
すっかり特別なことじゃなくなってしまいました(笑)

きっと国立や三ツ沢にいたサポーターも、
自分と一緒なんだなぁと、書きながら気付いたんですよ。
2006/03/18 Sat| URL | ymacky
[ edit ]
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。