Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
トリノ五輪にハマろう①~King of SKI~
トリノ五輪。
時差もあってきっとあんまり見られないだろうな~
と思っていたけど、今日は家にいたので、朝からVTRを見ていました。

モーグル女子決勝が3時~だったので、そのVTRを見たかったのはもちろんだけど、
早めに起きてノルディック複合も見ることができました。

ところがこれが、意外に私の心を突く・・・。

日本人選手はジャンプの記録がそれほど伸びず。
期待されていた高橋大斗選手もコンディション不調、団体も残しているため
ジャンプの後、棄権することになった。
そこまでは知っていた。だから、そんなに何か思い入れがあったわけではありませんでした。
ひょっとしたら距離の方で順位を上げてくるかもしれない、と期待も持って見ていました。

ノルディック複合は、ジャンプのポイント(距離+飛行スタイルのポイント)の差が
そのままクロスカントリーのスタート時間の差になる。
1ポイント=4秒差なんだそうです→これは今大会で初めて知りました(^^)
だけど、ほんの少しの差だと、クロスカントリーで逃げ切るのが大変だとか。

距離スタート上位の方々↓
1位:ドイツのヘティッヒ。
2位:ノルウェーのタンデ(2秒差)。
3位:フィンランドのタルルス&同ポイントでフランスのラミーシャプイ。

2分差の中に15名くらいいた。

アップダウンの多いコースを4周、15km。
解説の三ヶ田さん(私にとってはかなりお馴染みな人)は
『キツイですよ・・・スキー操作を休めるところがないですからね』と言う。

しばらく見ていると、マラソンみたいに集団がどんどんばらけてきた。

上位3位:4名のうち、ラミーシャプイが早いうちに遅れて、残る3人が先頭集団を形成。
そして、その次のグループは何人もいたけど、やはり徐々に人数が減っていき、
3周目を迎える頃に先頭集団を猛追してきたのは、たった2名。

今度は競馬を見ているみたいだ、と思う。
そう感じると、私にとってはますます面白くなってきます(笑)。

追い上げてきた2名は、オーストリアのゴットワルトとノルウェーのモーエン。
ゴットワルトは、いわゆる"ブロンズコレクター"で、五輪では銅メダルばかりの選手らしい。
クロスカントリーは得意。3人の敵はもう目の前!俄然、この彼に注目したくなった!!

そして最終ラップに入ったときは、ゴットワルトがついに先頭集団に追いつき、
先頭集団にいた3人のうち、2人が下がっていく。
ゴットワルトの残る標的は、ゼッケン1=ジャンプ1位通過のヘティッヒだけだ。

しかし、ゴットワルトとヘティッヒのデッドヒートはそう長い時間続かなかった。
ヘティッヒがラストスパートをかけ、追いすがるゴットワルトを突き放したからです。

ゴットワルト、メダルの色は変わったけど、銀メダル・・・でも、素晴らしかった!
どちらの滑りにも感動してしまいました。

そして、すぐ後ろにいたみんなは?銅メダルは誰・・・!?
そう思ったのも束の間、画面が切り替わると、
今度は、先にあげたタンデ、タルルス、モーエンが、最後の最後までデットヒート!
そしてゴール直前、赤いスーツのタンデとモーエンが並び、
足だけを前に押し出し、なだれ込むようにゴール。・・・

ほんの僅かの差(0.1秒)で猛追のモーエンが銅メダルを獲得しました。
判定写真が出ましたが、パッと見、同じに見えます(^^;

注目のゴットワルトは、クロスカントリーを38分02秒4・・・
28番目のスタートから6位に追い上げたドイツのハゼネイの37分15秒7には及ばないけど、
堂々たる滑り・・・
そして、W杯のポイントランキングぶっちぎりの1位という実績を引っさげて、
メダル候補の筆頭にあげられていたというフィンランドのマンニネン、
「オリンピックには本当に縁がないですね・・・」と悲しく解説されていました。

というわけで、競馬予想みたいに、「参考レース」(W杯)の結果を調べてみることに。
・・・確かにW杯前7戦、7連勝しています!!マンニネン・・・。
オリンピックの記録には残らないけど、このような名選手がいることを忘れたくないです。
また、ドイツのアッカーマンという選手も「今回はエースが不調」と表現されていました。
ジャンプで大きく出遅れてしまったようです。
どちらも団体でも顔を出してくると思うので覚えておきましょう♪

・・・で、もうひとつ忘れたくないのが日本人選手。
3人の中で、いちばん結果が良かったのが小林範仁選手。
ジャンプでは23番手だったものの、距離39分21秒1という記録は全体の9位で、
先に挙げたタルルスやタンデなどと変わらぬタイムで、16位まで順位をアップさせました。
この数字の持つ明るい意味は、
http://torino.yahoo.co.jp/voice/serial/ogiwara/at00007714.html
で荻原次晴さんが語ってくれています。
経験者が語ると本当に説得力があります。

今週のうちにノルディック複合の団体があるので、こちらにも注目したいです。

荻原次晴さんのコラムには、上村愛子選手のことも書いてありましたね。
私と同じ様な気持ちを持っていらっしゃっるようなので、ここではあえて書きません(笑)
※手を抜いているわけじゃないです・・・。

ほかにもスピードスケート5,000mにハマったのですが、
時間がないので次回エントリにて・・・。
スポンサーサイト

トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< トリノ五輪にはまろう②~歴史が生まれる瞬間~ | home | 柔らかさ、しなやかさ、美しさ >>
コメント
わかるぅ
私は同様にボードのハーフパイプにはまりました。
日本人、全員予選敗退でしたが決勝、ばっちり見ました。
カリスマ・ホワイトってほんっと恰好いいのね。

もちろん、今日の女子も見る予定です。
2006/02/13 Mon| URL | なおみ
[ edit ]
>なおみさん
いやーすごいね、ショーン・ホワイト!
男子はあんまり見られなかったけど、
彼は金メダルだったのでニュースでも結構やっていましたね。
すごく目を引きました。

女子も今日、見ましたー♪
スノボは挑戦するも挫折したクチなので、
見ていてハラハラ
・・・なんであんなことができるんだ!
の連続でした。
2006/02/14 Tue| URL | ymacky
[ edit ]
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。