Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
高校サッカー初観戦に思う
大晦日。三ツ沢競技場まで、高校サッカーを観に行きました。

第1試合:常葉学園橘×滝川第二
第2試合:中京大中京×松山工業

というカードです。
第1試合のカードがヤバイ!と高校サッカーマニアなR(とそのお友達)に連れられて、
寒空の中、行ってきました。
『滝二=加地くんの母校だから応援したい』という結構軽いノリで乗り込みました(笑)

私達は試合開始から少し経ってから、席に着きました。
この時点は常葉の方が攻めまくっていたのですが、気が付くと、
ほとんど滝二のペースでした。
『滝二の森島くんがヤバイです(→口癖?)』とR。
私もエルゴラに載っていたので注目してみようと思いました。
なーんて事前情報がなくても、9番をつけた森島くんは体が一回り大きく、とても目立ちました。

常葉の方も丁寧にボールを繋いでいくのですが、フィニッシュに至らず、
また、赤いユニフォームを着たGK清水くんが非常に落ち着いていましたね。

攻めに攻めていた滝二は、森島くんのミドルシュートがバーにあたり、
跳ね返ったところを、7番の柴垣くんが押し込んで先制し、前半は1-0で折り返します。

ハーフタイムは他校の動向を携帯サイト『オーレ!ニッポン』でチェック。
父親の母校(一応サッカー部出身だけど卒業は35年前)で初出場の、
伊勢崎商業が東福岡に大量リードされてました。
R「相手が悪いっすね」
組み合わせが決まった時点で大丈夫かな~と思っていたけど・・・
※結局、5-0でした。お疲れ様でした。

ところで・・・
常葉の応援は、ブラスバンドがベース。ああ、高校なんだな、って感じがしました。
滝二の応援は、東京っぽかった。声(男声中心でした)とメガホンだけで。
「バモバモス♪滝二~」と聞こえた時は妙なアドレナリンが分泌されそうになりました(笑)

後半。
滝二は勢いそのまま、2点目は噂の森島くんが叩き込みます。

ああ、時間が経ってしまいプレーのひとつひとつをあまり覚えていない。
でも、レベルの高い試合だったと思います。
ユースを見たときに感じた「おっ!?」っというプレーもいくつかありました。
滝二は試合の主導権を握っていましたね。

R「勝ち進むと、多分、大津と当たりますよ。ここもヤバイです」
私「え?土肥さんの母校??それは大変!!」
しかし1/3にここ、三ツ沢でやるとのこと。・・・観にいけない。

とか話している間に、第二試合への準備が整いました。

中京大中京高校の応援側には、チアリーダーが入ってきました。
若い男の子2人にとっては重要な出来事だと思い、さっそく教えてあげた。
私「ほら、チアリーダーが出てきたよ」
2人「おっ」
と予想通りの反応(笑)。東京オフィシャルのオペラグラスを手渡す。
Rの友達「ダメだ。下になんか履いてる」
・・・そう、彼女達は黒いスパッツを履いていたんですね。残念でした(笑)。
でも履いてなかったら寒そうだし、
変な人が変な写真撮って商売しそうだし、ということは言わなかったけど。

・・・話をサッカーに戻します。
先制したのは、松山工業でした。
9番黒河くんの右サイドからのキレイなセンタリングから、
10番の瀧岡くんヘッド!素晴らしい東京風にいうと、セクシーな(笑)得点でした。
だけど夜のダイジェストではカットされてたんですよ・・・残念。

R「中京大中京がここで終わるはずないっすよ」

その予言通り、なんと後半、残り少ない時間帯に追いつきます。
松山工業も、いい攻めをしていたのですが、結局得点をもぎ取れず、PK戦に突入。

見晴らしのいい三ツ沢。目の前でのPK戦。
カメラ小僧の血が騒いだのですが・・・デジカメを持っていない!
でも、決定的瞬間を撮りたくて、カメラ越しにPK戦を見ました。
200万画素じゃ限界がありすぎるけど、

20060103231921.jpg


これ、捕った?と思ったけど、入っていたんですね。
だけどこの写真を撮ったとき(5人目)、
この、中京大中京のGK:鈴木くんはほとんど同じ方向に反応していることに気付きました。
そして彼は、最後に止めたのです。6本目で、ついに・・・
その後、中京大中京の最後のキッカーが決め、勝利を掴み取りました。

ところで。

ユースの試合では、スタジアム内で売店などひとつも出ていなかったのに、
(だから無料?)
三ツ沢では美味しいものがたくさん売っていました。
(でも有料)

Rの持っていたオフィシャルプログラムで各校の選手の出身チームを見ると、
中学の名前よりもむしろ「○○JY」の方が多いのを感じた。
R「高校に進んだ方が注目されるから、ジュニアユースから高校に進む人も多いんですよ」

正直なところ、FC東京ユースと清水エスパルスユースの試合ほど興奮はしませんでした。
熱が入っているか入ってないか、今日が1回戦、ユースが準々決勝だったことを差し引いても・・・
エルゴラの取り上げ方にしたって・・・全然違う。

ユースが世間に注目される、っていうのも変な話だと思うので、
マスコミでもっと取り上げて、とは決して思わないけど・・・
高校が各都道府県で厳しい予選を勝ち抜いてきたことは、何にも代えがたい価値があるけど・・・

来年は絶対プリンスリーグ見よう。と、変な決意が生まれました。
スポンサーサイト

FC東京&日本のサッカー | トラックバック(1) | コメント(2) |permalink
<< あけましておめでとうございます★ | home | 2005年のおさらい②色の勉強、入り口 >>
コメント
はじめまして
こんばんは。僕もこの試合の観戦記を上げましたので、遅ればせながらTBさせてもらいました。
ところで、TATSUさんとお知り合いでいらっしゃるのですね。僕もやり取りさせてもらってまして。
また寄らせて下さい。
2006/01/06 Fri| URL | コール
[ edit ]
>コールさん
初めまして、ようこそColorful daysへ♪
コメント&トラバ有難うございました!
コールさんもご覧になってたんですね、三ツ沢で。
森島くんをはじめ、滝二の強さはスコア以上に現れていましたよね~。

こちらはしばらく中断中なんですが、
過去の東京記事などご覧になってお待ち頂きたく(汗)。
コールさんのブログにもお邪魔させていただきます♪
今後とも宜しくお願いします!
2006/01/07 Sat| URL | ymacky
[ edit ]
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
選手権1回戦常葉学園橘‐滝川第二

昨年の話題を今頃上げるのは気が引けますが…(笑)。高校選手権のトーナメント表を見て、どこに出かけようかと考えるのは毎年暮れから正月にかけての楽しみとなっています。1回戦は多くの会場の中から、三ツ沢のこの試合を。等々力の四中工を見ておきたい気もありましたが、
珈琲もう一杯 | 2006/01/06 Fri |
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。