Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
映画との付き合い方
CSを見ている父。
映画のチャンネルで、『ゴッドファーザー』を見ている。
もう何回も見ているはずなのに。

でも、気持ちは分かる。

だって、私もこの映画が好き。

ところで、私は映画とは
①見たいと思ったものだけみる
②混んでそうなら空き出したころに行く
③人には付き合う
④ビデオは借りて見ない(見られない)
という非常にノンビリとしたスタンスで付き合っている。

①に関してはひどい。日本中で"タイタニック"を見ていない人がどれだけいるだろうか?
④は、我が家にはいつの時代もテレビ&ビデオがひとつずつしかない。
そして、親は「テレビっ子」(妙な表現だけど)のため、
テレビがついていないことの方が珍しい。
というわけで、自分のみたいビデオをゆっくり見るという行為が、
休日のリストに入らないのである。

③は母親に付き合うことが多かった。
映画鑑賞が大好きな母、
彼女の好きな俳優は昔:アラン・ドロン、今:ジョニー・デップ。
アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」「太陽はひとりぼっち」リバイバルや、
ジョニー・デップの作品に連れられて観に行きましたよ。

ジョニー・デップでいちばん好きなのはアル・パチーノとの共演「フェイク」。
あとは「ショコラ」、「ブロウ」、「耳に残るは君の歌声」が好き。

話を「ゴッドファーザー」に戻すと、④の影響で、
「名作」を知らなさ過ぎるのです。
見逃してしまったらビデオ借りて見たりするところなのに、
それをしていないので・・・

『ゴッドファーザー』は去年、デジタル・リマスター版をやっていて
このチャンスを逃してはならぬ!と思って観に行きました。
ちょうど、出演していたマーロン・ブランドが亡くなったばかりでした。
見終わって、これがみんなの好きな映画なのか、これが名作なのか、と
妙に納得したんです。
なんか多くを語れなくて申し訳ないのですが・・・いや、語りきれない、私には。

語れることといったら、若い頃のアル・パチーノがステキ。くらいかな(汗)
あと、音楽もいい!
アラン・ドロン『太陽がいっぱい』も有名なメロディーがあるけれど、
聞いただけで「あ!あの映画!」って思い出される・・・そういうのっていいですよね。

ちなみにこのすぐ後に、続けて「2」のデジタル・リマスター版を見ました。
「1」の方が好きだった。「2」は何だか重たい感じがして・・・
そして、「3」はやらなかったんですよね。
全部上映してほしかったのに、あれは未だに謎。

名作をあまり観ていない私が、
自主的に劇場で観た映画の中で良かったと思うものは(既出以外で)・・・

『海の上のピアニスト』
『グラディエーター』
『フォレスト・ガンプ』かな。。。

何故かというと・・・
ピアノにかけては天才のティム・ロス(話上の名前忘れました)が、
一目ぼれした女性を見つめながら、非常に美しいメロディーを自然に奏でるシーン。
そのメロディーを聞きながら、涙が出てきたのです。ものすごく自然に!
あんなに静かな涙は流したこと、あれ以外ないです。どんな映画を観ていても。
もちろん、自分の実生活でもないと思う。
かわいそうな場面とか、そういうで泣くことはたくさんあるけれど・・・
何であんなに涙が出たのか自分でも不思議だったのですが。

『グラディエーター』は、ラッセル・クロウに完全にノックアウトでした(笑)。
それなのに、そのほかのラッセル作品はまったくと言っていいほど見ていない)
だから、やっぱりストーリーも好きだということですね。

ガンプは賛否両論だったような気がするけど、私は好きだった。

なんだかみんな終わり方がもの悲しいものばかり・・・。
ハッピーエンドな恋愛モノとか大好きなんですけど。
見終わったら、幸せな気分になれるな作品。
「ユー・ガット・メール」「恋愛適齢期」「プリティウーマン」とか。

別々な道を歩むことになるけど、アナタに出会えて幸せだった、という
「ローマの休日」「ボディ・ガード」なんかも好きだな。

ああ、今まで書いたことがないジャンルだからまとまらない。
この辺でお開きに。
スポンサーサイト

ノンジャンル | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
<< おいしいクリスマス★ | home | 相手よりも1点多く取った方が勝ち >>
コメント
その気持ち分かります。
①②は、私も同じです。タイタニックは見ましたけど、ハリーポッターは見たことがありません。←日本中で私だけ?
でも、映画は週に2~3本観ます。スカパーに加入してからは、録画稼働率が90%くらいで、どんどんDVDにコピーしていかないとHDがいつもパンパンです。見る映画も偏る偏る、思いっきり偏っていますよ。私の今年観た映画のNo.1は黒澤明監督の「生きる」です。脚本と演出の素晴らしさ、そして志村喬の演技に号泣しました。
2005/12/23 Fri| URL | アヒルッヒ
[ edit ]
僕はほとんど映画見ない方なんですが、
数少ない僕の好きな映画の
「太陽がいっぱい」
「ゴッドファーザー」
の名が挙がっててびっくりしました!!
太陽がいっぱいは僕の母もアラン・ドロンが好きで、
DVDが家にあるので見たんですよね。
ゴッドファーザーもいいですよね~
これが名作ってやつか・・・って妙に感動しました。
僕も多くは語れないのですが。。(苦笑
2005/12/23 Fri| URL | GEN
[ edit ]
>アヒルッヒさん

こちらでは初めまして~♪
私もハリーポッター見てないですよ。
同じ時期にやっていた「ロードオブザリング」は何故か1話目だけ観て(笑)
すっごい面白いと思ったのに、2を観る機会を逸し、そのままです。
そういうところがまさに私を象徴しています。

そして、黒澤明監督作品も観た事がないんです(汗)
名作と呼ばれるものは、どんな形でもいいから、
できるだけ観たいと思います。
今、狙っているのは
「ニューシネマパラダイス」のデジタル・リマスター版です!

>GENさん
偶然ですね~★
両作品とも、後世に残すにふさわしい、まさに「名画」だと思います。
あと、やっぱり音楽が好きですね。
『ゴッドファーザー』あの終わった後の感動というか何というか・・・
表現できない、言葉にならないです。

今日2をやっていて、終わりの30分くらいしか見られなかったけど
マイケル(アル・パチーノ)の独特な空気が影響しているのかもしれない。
と思いました。その強烈な印象といったら・・・。

『太陽がいっぱい』は、壮大なサスペンス、と表現すればいいのでしょうか。
最後の最後までドキドキする感じがたまりません。
そしてあの終わった後のやりきれなさがこれまたたまらない・・・
2005/12/24 Sat| URL | ymacky
[ edit ]
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。