Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
泣けてきた。

トーチュウの記事。ネットで見ただけなので、全文は出ていない。
昨日が原監督の、小平で(選手への)最後の挨拶だったこと、
そのままオフに入るということ、まだ、新しい監督の発表はないことは分かった。

チームの目指すもの、色んな事情ひっくるめて、ずっと同じ監督でいるなんてことはあり得ない。
あれほど、「私は覚悟してし」みたいな態度を取っていた。もちろんそれは事実。
この間のエントリでもかなり流し気味に書いちゃったよね。
でも、私は17日のヒロミさんの挨拶イベントには行けない。
もう「原博実監督」に会えないんだ。と思ったら急に・・・
今、本当に寂しい気持ちで胸がいっぱいになった。

ヒロミさんの、あのキャラクターも手伝っているのかもしれない。
でも私は、応援しているベイスターズや、昔応援していたジュビロの監督が去る時に、
こんなに悲しくなったことは、今まで一度もなかった。

実は今までいろんなスポーツを見てきたけど、
ここまで熱心にスタジアムに足を運んだのは生まれて初めて。
練習場を行ったことも初めての経験だった。
その、小平グラウンドで、最後の挨拶・・・
情景が浮かんでくるようで、余計に悲しい。

私の中で2005年のFC東京は、ものすごく密度が濃くて、絶対に忘れないと思う。
そこにはヒロミさんが必ず存在する。これからもずっと。


スポンサーサイト

FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 仰木監督、逝く | home | 引き続きインタビュー形式でお送りします >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。