Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
負けはしたものの・・・
Jリーグ第21節@味の素スタジアム

×FC東京 0-1 柏レイソル

☆メンバーは以下

 FW:ルーカス、赤嶺
 MF:リチェーリ、川口信男、梶山、浅利
 DF:金沢、今野、藤山、徳永
 GK:塩田
 交代選手:信男→馬場憂太、リチェーリ→平山、梶山→福西

☆柏レイソル
 FW:李忠成、フランサ
 MF:菅沼、山根、アルセウ、太田圭輔
 DF:大谷、古賀、小林祐三、蔵川
 GK:南
 交代選手:太田→佐藤由紀彦、李→ドゥンビア、フランサ→北嶋

ここ2戦、ふがいない内容&結果だったので大幅にメンバーを入れ替えて臨んだのですが、結果は3連敗となってしまいました。
しかし、内容は全然違いました。
詳細はたたみます

負けはしたけど、今までと違う点がいくつも見られました。

相手にほとんど仕事をさせなかったこと。
悪いときは「8点くらい取られてもおかしくなかったね・・・」という感じですが、昨日は違いました。

柏のシュートは6本。得点はペナルティエリアで反則をとられ、PKを与えてしまったため。
結果として決勝点にはなったものの、この場面だけで梶山を批判しようとは思いません。
なぜかその後動きが良くなったので「それを最初から出してもいいのでは」とも思いましたが、こと夏場のゲームで90分フル活動は現実的には不可能でしょう。
それを証拠に、全体を通して良く動いていた東京イレブンは、後半ロスタイムに入る頃、運動量ががくっと落ちてしまいました。

東京のシュートはなんと20本。
打てばいいってもんじゃないのは重々承知しております(実際には負けている)が、ここ2戦はシュートに辿りつくことすらままならない状況だったので、大きく変わりましたね。

変わったといえば先発メンバーです。
茂庭、伊野波、土肥、石川、福西・・・という元五輪や日本代表組がずらりと名前を連ねました。
平山もベンチスタートでしたが、赤嶺とのコンビはもうちょっと長くみたかったです。放り込むって言ってたから、てっきり先発だと思ったのですが・・・
「結果」出せなかったけど、2人とも「仕事」はしていたと思います。
GK南と柏のDF陣の壁をなかなか崩せず、肝心な最後の詰めのところで及びませんでした。

TBSの「スーパーサッカー」のニュース映像で平山がゴール前で明らかに南からファウルを受けているようにも見えたけど、実際にはノーホイッスルだったり、なんだかツイていない部分もありましたね。

この試合で、「もっとできたはず」とは思いません。
決定力がなかったから、PK取られなきゃ・・・とか細かいことを言ってはキリがないもの。

あれが現状、東京というチームができる精一杯なのでは、と思います。
もともと目指していたサッカーじゃないかもしれないけど、少なくとも前2戦のゲームのように、殆どの時間で主導権を握られて何も出来ないままリードを重ねられるような展開にはならないでしょう。

そんなわけで、負けはしても、いつものようにすぐ席を立つことはせず、挨拶に回ってくるのを待ち、選手の頑張りに拍手を送りました。
ブーイングを浴びせるような内容ではなかったと思ったからです。

もし、自分はそうだったとしても、何しろ結果が伴わなかったので、会場中総ブーイングだったらどうしよう・・・と不安になりましたが、拍手とユルネバを歌い、選手を送ることができてホッとしました。

次節はよりによって、浦和レッズ戦@さいたまスタジアムです。
東京が3連敗している間に、G大阪を抜き、首位に立ち、モチベーションアゲアゲなチームと対戦しなくてはなりません。

苦しい状況ですが、今シーズンはもう2度と、前2戦のような試合をしないでほしい。
それがたったひとつの願いです。
スポンサーサイト
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
<< JとJの間のつぶやき | home | 絶不調・・・いや、調子の問題ではないが >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
-

管理人の承認後に表示されます
| 2012/11/19 Mon |
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。