Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
ジンクスは…
20070526205408


×FC東京0ー1名古屋グランパスエイト○

今日はダンナが結婚式参列のため、ソシオチケットが余ったので
『サッカー見に行くのは初めて』
という友達を連れてバックスタンドで観戦。

友達は、試合前の練習をオペラグラス越しに見て
『イケメンがいる』と早くもお気に入りの選手を発掘。
特徴などを聞き込むと、誰だかすぐに判明
…ナビスコ杯予選リーグ最終戦勝利の立役者・赤嶺だった。

そのいきさつをごく簡単に説明して、
残念ながら先発ではないけど、絶対交代で出てくるよ!と伝えた。

試合は…(^_^;)
水曜日の影響と暑さと名古屋のペースに完全にはまって
躍動感のないゲーム展開に…
相手もそれ程チャンスが多かったわけじゃないけど
ヨンセンに先制弾を許してしまう。
次第にシュートどころか、
チャンスメイクすらできなくなり、前半終了。

後半開始時にワンチョペ→石川ナオ。
ものすごく緩いペースではあったけど、
チャンスが生まれるようになった。
石川にあまりボールが行かないのが気になったけど…
(しかも後半に右サイドから攻撃がないと、
近くに来ないからつまんない)
とにかく、今日はりチェも石川も活きなかった。

で、そんな雰囲気の中、
友達の乙女心へファインゴールを突き刺した(?)
赤嶺が福西と交代で入る。
その直後はなんとなくバタバタしてて、効果的には見えなかった。
さらにリチェ→栗沢に交代。
2人目の交代のあと、なんとなく予想がついてたカード。
隣のオジサンがこのの交代に
ほとほとガックリきていた
(柱に寄りかかって天を仰ぐような感じ)
のが印象的だった…(偶然?)。

それでも、終了時間が迫ってくるにつれて、チャンスが増えていった。
赤嶺は徐々に試合に入り込んできた感じ。

しかし、既に名古屋にとっては、守り切ればいい、
という時間帯に来ていた。

味スタに友人を連れてきてろくな試合をしたことがない…
というジンクスはまたしてもやぶれなかった。

でも友達は
『また誘ってよ!
試合もまた見たいし、小平にも行き(=赤嶺に会い)たい!!』
と楽しんでくれたみたい。
イケメンの力は偉大だ。

くそレフリーコールとか、
そういう殺伐とした雰囲気も含めて
生観戦を堪能してたようです。

でも次の浦和戦は既にチケットが…う~ん残念。
スポンサーサイト

FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< FC東京ホットライン | home | ゆきお~ >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。