Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
ええ、松本まで行ってきました(泣笑)【写真追加】
※Jリーグ第14節@松本平広域公園総合球技場
×FC東京2-4鹿島アントラーズ○

調布花火大会があるので味スタでイベントダメ
 →たぶん試行錯誤の末、松本のスタジアムでホームゲームとして開催
 →当日、花火大会は延期(笑)

そんなこんなでたかぴーさんの運転+TATSUさん、うるっち~さんと
去年の鹿島遠征と同メンバーにて行ってきました。

それにしても遠征での鹿島との相性はまったくもって悪い。
基本的に鹿島は常勝チームなので当然と言えば同然なのだが
東京を応援するようになってから何度も対戦しているわけはなく、
ほぼジュビロ時代の相性がカウントされている。
いやなジンクスは払拭できず・・・一度も勝てねえ。

20060725001935.jpg



☆先発メンバー
 FW:馬場ゆーた、ルーカス
 MF:鈴木、梶山、石川ナオ、今野、伊野波
 DF:茂庭、ジャーン、徳永
 GK:土肥
 交代選手:ノリオ→三浦文丈/梶山→リチェーリ/文丈→川口信男

☆相手チーム
 FW:アレックスミネイロ、柳沢
 MF:小笠原、青木、ファビオサントス、本山
 DF:内田、岩政、大岩、新井場
 GK:曽ヶ端
 交代選手:柳沢→野沢/ファビオ・サントス→深井/本山→中後


試合開始直後はどちらに流れが傾くこともなく、落ち着いた立ち上がり。
復帰後のナオの元気そうな姿に安心する。
なのに前半9分にノリオが担架で運ばれて選手交代・・・
浄さんが怪我して長期離脱(今シーズン絶望)が決まっているので、
この先いったいどうなるんだ・・・。
しかし試合は続いていたので一端その思考は追いやり、
大好きなフミタケ氏のプレーも拝めると気持ちを切り替え。

前半、相手の攻撃をさんざん凌いだ。
そして、ピンチの後の攻撃で決まった、ルーカスのゴール。
オーロラビジョンに映し出されたダイジェストで見たら、
そのゴールはとってもビューティフル。ルーカス、絶好調だね!
これが前半33分。

しかし・・・

40分過ぎたくらいに
「終了間際に失点っていうのはナシだよ!!」と話していたら
それが現実となってしまう。

後半
・・・は思い出したくないな・・・(苦笑)

前半終了間際と、後半開始直後の失点はナシでしょー
本当に憎らしいチームだ。
しかし、攻めていたのは東京の方だった。
最後のところでどうしてもうまく行かず・・・
1-2から、またしてもルーカスの素晴らしいシュートで同点に追いつく。
この時、何故か自分の中で、なんとなく勝った気になっていた。

しかし無情にも次の3点目はアントラーズ。
セットプレーからの失点だった。
ここからは残り時間との戦いも始まったが、どうしても決められない。
交代で入ったリチェーリ、信男の効果もそれほどなかった。
時間が経つごとにいまいちになっていく・・・

「信男さん、アウェイ強い(川崎、甲府)から期待しよう
・・・って今日はホームだったかー(><)」
と、また余計なことを話したことを反省致します(涙)

そして、こちらが追いつけない間に息の根を止められてしまった。
終了直前に深井がカウンター一発。

選手がよくやっていない(覇気が感じられない)とかではない。
4失点といっても正直ズタズタにされた印象も残っていない。
でも「勝てる試合を落とした」というわけではない。

スッキリしないまま、選手達がゴール裏に挨拶に訪れた。
ガーロさんが珍しく選手と一緒に歩いてきた。
記者会見で、サポーターに感謝の意を(珍しく)語っていた様なので
「松本まで来てくれてありがとう」という気持ちが強かったのかな?

来週は、職場の同僚を誘ったファイヤーワークスナイト。
このイベント時には、何が何でも勝って下さい。
何も知らない同僚達に、帰り道に「面白かった~」と言わせたい。

この日は、松本観光も楽しみましたが、
ひとまず試合雑感のみのエントリで。

スポンサーサイト
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 松本観光編 | home | もやもやW杯 >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。