Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
台湾旅行記~悪戦苦闘の夜市~
中正国際空港からホテルまではバスで1時間近くかかるとガイドが言う。
社員旅行だから全員同じホテルなので、まっすぐ向かってくれるけど、
ツアーだったら、いろんなホテル回ったりしてもっと時間がかかりそうだ。

ホテル到着後、なぜか夜市と呼ばれる場所へ行くことになった。
ここで最もオーソドックスなところへ行けばいいのに、
「いちばん近い」という理由で「臨江街(通化街)夜市」へ向かった。


いきなり台湾の交通網「MRT」に挑戦。
まずは切符から。こんな立派なカードが出てきた。
20060720223422.jpg

路線図の雰囲気、東京メトロにそっくりです。
便利なのもメトロ同様。駅は非常に新しく、ゆりかもめっぽい。

しかし、夜市へ辿り着くまでにどれぐらいの時間歩いただろうか・・・
地図には近くに分かりやすいランドマークがひとつも書いていないし、
道が入り組んでいて分かりづらかった。
タクシーに乗れば良かったのに、普段の外回り根性が邪魔をして、
頑張り過ぎてしまう。
地図を見ながら、確かにこっちなのに?
と、いつまでも着かないし賑わうはずなのにいつまでも人に出会わないしで
不安になり、同じ道を戻ってみたり。
そんな困っていた私達を助けてくれたのは、多分同世代くらいの女性。
日本語で教えてくれた。「私達もそっちに行きます」と。
何度もお礼を言い(実際旅の終わりまで謝謝くらいしか使えず)、
やっとのことで辿り着いた。

20060720222456.jpg

竹下通りと同じくらいの道幅で、人はもっと少ない。
その代わり、食べ物の屋台がぎゅうぎゅうにひしめき合っている。

ずんずん奥まで歩いていき、どれを食べていいか物色・・・
しかし、何を食べていいか分からず途方にくれる。
店頭に並べられているものが何の材料で、どうやって出されるのか、
どうやって食べるのか予想がつかないものが多かった・・・
始めに試したのは、いい色に照り焼き(と思われる)味付けで
焼かれていた鶏肉のいろんな部位が並べられている屋台。
手羽先だったり、骨付き肉、ソーセージなどなど・・・
先に買っている人のを観察すると、
自分でお皿にとって、会計をしてもらうようだった。
ひと口目のソーセージは最高♪やっと胃袋にエネルギーが!
その味付もさることながら、詰まっているものが脂っこくないし、うまい!
私達の台湾旅行が一気に盛り上がりを見せる。
しかし、いい加減歩き疲れたので、テーブルを出しているお店で食べたい。
すると、小さい男の子2人と若いお母さんらしき人がいるテーブルを発見。
家族で食べているのを見ると何だかほっとする。
何の店?
20060720220309.jpg

出てくるものが想像できるメニュー、値段も分かる。ここに決めよう!

すると、お店のおばちゃんが日本語で声をかけてくれた。
"海鮮湯麺"をオーダー。まっちゃんは"牛肉炒麺"。
小さいけど、冷凍モノではない形が不揃いな具がモノが入っている。
食べ物としての美味しさも去ることながら、やっとまともな食事にありつけた喜びでいっぱい。
(ゆえにまた写真を取り忘れている)
汗だくになりながら麺をすすった。
70元だと、×3.5円で・・・245円??安・・・
音をたててすするのは、台湾ではマナー違反と聞き、いつもより慎重に食べた。

ところで、この屋台を含め、近くには飲み物を売っている気配がない。
ビール大好きのまっちゃんは困っていた。
通行人も、ビールを飲みながら、とかアルコール入ってる?と思われる人がいない。
たまに何か手に持っているとすると、
日本で言うとマックなどで頼むジュースに見られる容器。
暑い中歩き回って、一杯が飲めないのは、のんべさんには辛かっただろうが、
ノンアルコール派な私は、そのジュースらしきものが飲みたい。
道路の両脇にひしめくお店の中で、ジューススタンド(らしき店)を見つけた。
いきなりレジで、店員とご対面。
しかし、メニューがめくるめく漢字のオンパレードで、
さっぱり分からない・・・麺は分かったのに・・・
しかも、ものすごく種類が多い。
何も注文できずに困っていると、
イングリッシュメニュー、店内にあります、と
英語で言われ、黒板の英語を読み、
「Fresh juice」カテゴリの「Mango」を頼むことにした。
良く見ると漢字で「新鮮果汁」がジュースのようだった。
凍らせたマンゴーがミキサーにかけられていた。
これが40元。×3.5円=140円か。
ペットボトルと同じくらいの値段。
味はさっぱりしていて、水分補給にはもってこいな感じ。

で、結局ビールを飲めなかったまっちゃんは、コンビニで「一番搾り」を購入。
20060720221523.jpg


ファミマをはじめ、セブンイレブンなど、あちこちにあった。
日本製品もたくさん売っていた(特にお菓子)。
おでんのようなものも売っている。
しかもセブンはドラえもん、ファミマはピカチュウをメインキャラクターとしていた。
日本と違うことは、袋が有料だったこと。
バーコードでピッ、と、料金が加算されていったのだ。

1日目はあっという間に終了。
2日目はちょっと遠出しようとしていたが、
「明日はマッサージね~」とあっけなく変更したのは言うまでもない。
スポンサーサイト
旅行の記録 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 台湾旅行記~観光名所で物思いにふける~ | home | ついにこの時が来た >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。