Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
モチベーションをMAXに持って行こうぜ
※2006年FIFAワールドカップ 予選リーグF組
×日本1-3オーストラリア○
△日本0-0クロアチア△


1戦目、敗戦はやはりショックだった・・・。
携帯サイトで、試合前日の選手のコメントは、
ほぼ「いつも通りやるだけです」。
なんかもうちょっと熱い言葉も聞きたいなあ、なーんて思ってた上に
(どこまでそのインタビュアーが言葉を拾っているか分からないけど)
あんな結末だったので、正直、がっかりした。
ここで第一のネガティブゾーンな人達が「もう(予選突破は)無理」と言い始める(苦笑)
私は、試合内容にはがっかりしたけど、先のことについてはまだ無理だとは思わなかった。
こういう時は応援あるのみ。というかそれしかできません。
まあ、テレビで、なんだけどね・・・

2戦目、終わった後は、「微妙な気持ち」だった。
グループリーグ敗退はまだ決定していない。
でも、勝ち点3は取れなかった。
でも、PKを止めているし、よく耐えたよなあ。
でも、決定機外しちゃったし。勝ちに行くんじゃなかったのか。
でも、クロアチアもまだ無得点で勝ち点1だし・・・
(以下、エンドレス)

印象に残ったのは、柳沢がゴールできなかったその事実よりも
その時の通訳さんの表情だったりして・・・
それに両チームの選手が暑さにやられてぐったりしている姿は
なぜか画面を通して疲労が伝染してきて、観ている私も疲れてた。

家に帰って、そのままブラジル×オーストラリアも観戦。
ブラジルは順調に勝ち点3をさらう。
それでも、オーストラリアの善戦に、ちょっと驚いた。
『オーストラリアがそんなに強くない』っていうのは
歴史的なイメージ(W杯久しぶりの出場)だけなのか。
それとも体が大きいから単に強そうに見えるのかな・・・
黒っぽいユニフォーム、ラガーマンみたいだったしな(笑)

でもでも、日本も驚かせたじゃない?去年の、ちょうど今頃
本番でまたワールドカップで対決することになるとは思わなかったね。

とにかく、あとは見守るしかない。

もう、予選突破の望みを絶たれたチームもある。
日本はまだ、一試合、そしてラスト一席、残っている。

可能性は低いけど、この場合「ある」か「ない」かでもう雲泥の差だ。

試合観る前までにモチベーション、MAXまで上げて行こうぜ!!

代表選手の健闘を祈る。
スポンサーサイト

2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 日本代表、グループリーグ敗退 | home | 寝不足が続いています・・・ >>
コメント
write

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。