Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
殺伐とした雰囲気の中・・・
※Jリーグ第16節

×FC東京0-2サンフレッチェ広島○

ちょっと前に、「サンフレッチェって(いう名前)なんなんだよな~」と、
友人と半ば(というか完全に)バカにしていたところ、バチがあたった?いや、自滅?
スコア以上の完敗感・・・
ちなみに今日はハーフタイムに花火が打ちあがるイベントが絡んでおり
味スタ初心者である会社の仲間も一緒だった。
いい試合を見せてもらって、「これからも応援しよう!」って思ってくれたらいいな~という
淡~い目論みはもろくも崩れてしまった。
花火があって良かった・・・

☆先発メンバー
 FW(の位置):馬場憂太
 MF(の位置):川口、栗澤、石川直宏、三浦文丈、梶山、今野
 DF:茂庭、ジャーン、徳永
 GK:土肥
 交替選手:栗澤→リチェーリ/文丈→阿部/信男→戸田

◆惨敗した言い訳◆
・左SB大本命:浄さん→今季絶望
・開幕から代役を果たしていた:鈴木規郎→先週、全治3ヶ月の怪我
・前節なかなか良い出来だった伊野波→累積警告のため出場停止
・他、前節終了時点で得点ランキングトップのルーカスも出場停止

で、今日は、誰がどこをやるの????

☆広島
 FW:佐藤寿人、ウェズレイ
 MF:森崎兄弟、青山、中里
 DF:服部公太、戸田、盛田、駒野
 GK:下田
 交替選手:森崎和幸→高柳/寿人→上野/ウェズレイ→リ・ハンジェ

広島の2点は寿人です。オシムさんご覧になりましたか。
なりましたよね。それはそれは美しいゴールでしたよ。ふ。
2点目は完全なるウチの失態ですけどね。


⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
松本観光編
7/22、松本遠征の記録、プチ観光編。
今回は日帰りだったので、あまり余裕がなかったのですが、松本に着く前から、久々に見る広い空の景色に心が躍っていた。東京の僻地(一応23区内)で働いていた時、たまに出かけるサラリーマン街(田町とか)に来ると嬉しくなったものだが、今は職業上、そんなところばかりを回っているので、もう人混みを見るとウンザリしていた。いいねえ、旅は・・・

着くなり、お蕎麦やさんに直行♪「まつした」さんの名物、とうじそばを頂きました☆
20060725003204.jpg

このキノコや山菜がたっぷり入ったおつゆの中に・・・
20060725003220.jpg

籠の中に入れたそばを入れて、具と汁をお碗にかけて食べる・・・
いつだかテレビ番組で見て、わあ、食べたいな~と思っていたのですがもうすっかり場所もお店の名前も忘れてた。まさかここで出会えるとは・・・感激☆めちゃくちゃ美味しかったです!最初に調べてくれたTATSU氏に感謝致します。

松本と言えばそば?松本城?その前に辿りついた場所がこちら。
縄手通りという場所です。
20060725004048.jpg


シンボルのかえるくんが、入り口と商店街の真ん中くらいにいました。かわいい、かわいすぎる♪こちらは入り口のカエル。じっと見つめれば見つめるほどかわゆい(→死語)・・・
20060725004104.jpg

あまりにかわいいので通り内のカエルくんにちょっと協力してもらいました。
20060725004118.jpg


傍に鳥居が・・・
20060725005325.jpg

四柱神社というそうです。お参りしたんですが・・・東京の勝利は・・・。
20060725005444.jpg

クライマックスは、もちろん松本城。
20060725005919.jpg

もうちょっとお城そのものがビシっと撮れた写真もあったけど、私は人の後姿+その目の前にある物と合わせて撮るのが大好きなので、随所に同行人を(無許可で)配置してみた・・・

広い空が気持ちいいとか書いておきながら、大自然満載の写真がなかった(涙)時間の都合上、駆け足で観光してしまったけど、それでも訪れることができて良かった。

18時に始まった試合は、当然、陽が沈み、夜を迎える。スタジアムは照明で明るいけど、その周りは東京では考えられないくらい暗かった。その暗闇で思い出したのが柏の葉で迷子になったこと(いまだからこそ笑)。今はひとりじゃなくて、仲間と一緒。同行人のみんなに感謝した瞬間でもありました(それにまつわる写真もない)。

今年はもう1回くらい遠征行けるかな?

旅行の記録 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
ええ、松本まで行ってきました(泣笑)【写真追加】
※Jリーグ第14節@松本平広域公園総合球技場
×FC東京2-4鹿島アントラーズ○

調布花火大会があるので味スタでイベントダメ
 →たぶん試行錯誤の末、松本のスタジアムでホームゲームとして開催
 →当日、花火大会は延期(笑)

そんなこんなでたかぴーさんの運転+TATSUさん、うるっち~さんと
去年の鹿島遠征と同メンバーにて行ってきました。

それにしても遠征での鹿島との相性はまったくもって悪い。
基本的に鹿島は常勝チームなので当然と言えば同然なのだが
東京を応援するようになってから何度も対戦しているわけはなく、
ほぼジュビロ時代の相性がカウントされている。
いやなジンクスは払拭できず・・・一度も勝てねえ。

20060725001935.jpg



☆先発メンバー
 FW:馬場ゆーた、ルーカス
 MF:鈴木、梶山、石川ナオ、今野、伊野波
 DF:茂庭、ジャーン、徳永
 GK:土肥
 交代選手:ノリオ→三浦文丈/梶山→リチェーリ/文丈→川口信男

☆相手チーム
 FW:アレックスミネイロ、柳沢
 MF:小笠原、青木、ファビオサントス、本山
 DF:内田、岩政、大岩、新井場
 GK:曽ヶ端
 交代選手:柳沢→野沢/ファビオ・サントス→深井/本山→中後


⇒ 続きを読む
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
もやもやW杯
7/8~3泊4日で台湾旅行へ行って参りました。
3位決定戦と決勝をまるまる台湾で過ごすという日程となりましたが
ホテルのテレビでBSが映ったので
3位決定戦のダイジェストと、決勝の一部だけは観ることができました。
本当は、ホテルの1階にあったバーでライブを放映するとのことで、
異国の地での宿泊者と一緒に観戦できるチャンスなんてめったにない!
と思ったのだけど、旅行中はものすごく疲れていたし、
同行人はサッカーをほとんど観ないし、
次の日ちょっと遠出を控えていたことから、あきらめて部屋で見ることにしました。

「決勝戦の一部」と言ったのは、後半35分くらいから(笑)
その時から、PK戦の匂いが漂っていましたね・・・。
しかも、ジダンの退場劇があって、延長戦終了まで、
なんとな~く微妙~な空気が流れていたことは確か。
彼の最後のプレーがああいう幕切れだったことは本当に残念と同時に、
それがW杯の決勝という舞台だったことがやりきれない。

マテラッツィとのやり取りは各国報道陣に取り上げられ、
当初は差別的侮辱言動だと報道されましたね。
現在ではもう両名の会見も済んでいるので、
さらに複雑な方向に進んでいるのですが、
サッカーに余り詳しくない友達には、
欧州では普段から人種差別的発言のことがよく問題になって、
W杯期間中にも発生したから試合前に両国のキャプテンが
表明文を読み上げるようになった、と説明しました。
彼女は非常に驚いていましたが、サッカーを観ていると、
こういう情報を通じて、世界が広く、
価値観が様々であるということを思い知らされます。

決勝戦、どちらを応援していたというのはあまりなく。
私はフランスもイタリアも好きな方
(どこが嫌いというのもないので好きも曖昧)。

この両国で今回気になったのは・・・

グロッソとリベリー!!

グロッソについては、ドイツとの延長戦で魅せたゴール、
そしてその後の喜び様がなんとも言えませんでした。
「泣き顔」グロッソにやられてしまった大会(笑)
リベリーは弱冠旬を過ぎてしまった(それでも凄いけど)
ビッグネームの中に紛れて、若々しいプレーが見られて、
すごく新鮮でした。
2人とも決してイケメンではないと思うけど、そこがまたymacky的にはツボ

当然、昔から鼻血モノ(笑)のカンナバーロとブッフォンに関しては
その実力を存分に見せ付けて頂き、堪能致しました。
決してその2人だけではないけど、
海外サッカーをそんなに観ていない私にとって、
「スター選手がその実力通りに活躍すること」は
分かりやすいW杯の楽しみ方なのです。
まして、日本代表が早々にあのような形で去っていったらね・・・
前述どおり、どちらに肩入れすることもなかったけど、
PK戦になった時点で、
ブッフォンが負けるのは観たくないと思いました。
それにしても、イタリア代表メンツを観ていると、
何故か脳裏にちらつくのは「ちょい悪オヤジ(=ジローラモ)」。
これはしばらく続きそう。参ったな。

何かと物議を醸しているW杯ではありますが、
日本代表にとっても激震が走りました。ヒデの引退です。

ヒデの引退はフツウに残念です。
私はプレー中のヒデしか興味がなかったので・・・続けて欲しかった。
現地の言葉でインタビューを受ける姿は尊敬していましたが
正直、ファッションに凝っているヒデとか、東ハトのヒデとか、
マスコミと張り合う変な緊張がある会見とかはあまり好きではなく。
マスコミに関しては色々言いたいことは私にもあるのよ、念のため
そうはいっても、もう決まったこと。
ヒデなら、絶対私達が思いつかないような形で
サッカーにその経験と頭脳を、還元してくれると信じています。

そして新生日本代表について、
これもまた衝撃の失言(!?)により発表されました。
オシム日本代表。
今ジェフの監督だし、絶対にないと思ってたけど、実現しそうですね。
新しいチームがどんな構成になるのかは、もちろん楽しみではありますが、
もはや東京モードに戻りつつある今、特に語ることもなく・・・。
個人的には早く東京の試合が始まらないかと待ち遠しい。
だって、シーズンオフと同じくらい中断期間が長くて長くて。
あまり調子が上がってないらしいことは置いておいて・・・

そんなわけで気分がなんとなくスッキリしない感じで終わったから
こんなタイトルにしてみました。
私がドイツ人だったら全然違う題名になったと思います(笑)
2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
7/10台湾旅行記~列車の旅・九【イ分】へ~
タイトルの字がややこしいですが、
台北から、電車に揺られて九【イ分】という場所に行ってきました。

⇒ 続きを読む
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
台湾旅行記~観光名所で物思いにふける~
早く書かないと1ヵ月経ってしまいそうだ・・・
2日目の午前中。
マッサージは「トラベルストーリー」に載っていた
足マッサージを受けに行くことからスタート。
福華大飯店から徒歩で知足常楽というお店に行きました。

同行人であるまっちゃんは、「痛いヤツがやりたい」と言っていたので、
「そうでもなさそうだけどいい?」と承諾を得たほど、
日本のあちこちに点在するリフレクソロジーみたいな感覚に近い雰囲気がした。
日本語がある程度通じるというのもウリだったし。

私は2ヶ月に1回くらい英国式リフレクソロジーを受けに行く。
いつも痛いところはだいたい「頭」「眼」「腎臓」「胃」のツボかな?
今回は「睡眠」「胃」「坐骨神経」と言われた・・・
でもまあ、日本でやるものとそんなに変わらない。
こんなもんだろうと言った感じだった、最初は・・・

違ったのは、ふくらはぎの側面をマッサージされた時だった。


⇒ 続きを読む
旅行の記録 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
台湾旅行記~悪戦苦闘の夜市~
中正国際空港からホテルまではバスで1時間近くかかるとガイドが言う。
社員旅行だから全員同じホテルなので、まっすぐ向かってくれるけど、
ツアーだったら、いろんなホテル回ったりしてもっと時間がかかりそうだ。

ホテル到着後、なぜか夜市と呼ばれる場所へ行くことになった。
ここで最もオーソドックスなところへ行けばいいのに、
「いちばん近い」という理由で「臨江街(通化街)夜市」へ向かった。


⇒ 続きを読む
旅行の記録 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ついにこの時が来た
恐れていたことが起こってしまった。

★FC東京ホームページより
★ヤクルトスワローズホームページより

いや、恐れているのは私の一身上の都合であり、
こういう試みはいずれしてほしいと思っていたし、
最近のスワローズの取り組みからして、必ずやるだろうと思っていた。

スワローズのユニフォームも昔に比べると青赤に近づいているし。
★レプリカユニフォームやTシャツ、特にビジター用を参照

・・・昔は水色だったのよ。→池山とか広沢の頃、ほんとに昔(笑)

神宮球場は、平日に行くとホントにガラガラです。
たぶん、ハマスタの方が入っているのでは?と思うほど・・・。
地域密着を一生懸命やろうとしているけど
そういう点では絶対横浜の方が地域として分かりやすい。
あの界隈(青山とか千駄ヶ谷)では難しそうだなあと。
古田プレイングマネージャーはじめ、努力しているのは感じられます。
パリーグはそれで成功したと思う。(ホントの原因は移転だと思うけど)

私はベイスターズのファンであり、多分これはどうにも変えられない
(ジュビロの6年を遥かに凌ぐし横浜がそれほど遠くないのが原因か)。
なのにヤクルトの日本一を決めた瞬間、その場にいたり(汗)
ハマスタより神宮に行く(もちろんレフト側ですが)回数のが多かったり。
ちょっとだけ貢献しています・・・

以前もエントリした「東京、横浜、そのハザマで」の通り
大変複雑な気持ちですが、自分がレフトスタンドにいても
敵側だけでもたくさんファンがいた方が数十倍嬉しい。
それは間違いない。

私、Jリーグ元年の頃、さんざん野球をバカにされ
(半分以上マスコミが悪いと思う。煽ってた)
しばらく観に行きませんでした。サッカーの方を。
「あんなバカなファンとは一緒に応援できない」なーんて・・・
※プラチナチケットだったということも影響している

そんな風には二度となってほしくない。
両方大好きな私は両方を好きになってくれる人が増えればいいなあ
と思っています。

神宮は食べ物系が充実しているから、多分「野球はキライです」
という人でなければ、結構楽しめるはず・・・。
野球=ビールという方も大歓迎です。
私と一緒になる場合は横浜側に座らせてしまうので要注意ですが。
※ただしその場合は球団がやっているキャンペーンに
参加できない場合もあるとかないとか・・・。
(ベイ仲間のブログを読んで知ったのだけど、かつてそういうことがあったらしい)


あえてFC東京カテゴリで投稿してみました★
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
ベスト4出揃う
いよいよベスト4が出揃いました。

★ドイツ(→アルゼンチンをPK戦で蹴散らす)
★イタリア(→ウクライナを3得点で撃破)
★ポルトガル(→イングランドをPK戦の末振り切る)
★フランス(→王者ブラジルを一蹴)

実はどの国も、大会直前は不調が囁かれていたところばかりでは?
毎度スポーツ祭典を観ていて思うことは、競技をするということは
本当にナマモノであって、蓋を開けてみなければ分からないな、と。

さて、特にどこに肩入れするということもなく観ていますが、
中でも真剣勝負が伝わってくる場面が好きです。
特に試合終了後の両チームの表情や、ゴールした選手の喜び方、
シュートが入らなかったときのサポーターのリアクションなどなど

ベスト4が決まった試合であれば、
ベッカムが泣いているテリーを励ます姿とか・・・
クリスチアーノ・ロナウドの雄叫びとか・・・
クリンスマンの原さん以上のぴょんぴょんとか・・・
PK戦になり顔を覆うもっさりしたおじさんサポの姿とか・・・

特にイングランドの試合後は観ていて切なくなりました。色々と。

フランスの試合はどちらかというとベスト8を決めるスペイン戦の方で
盛り上がりまして・・・
スペインを奈落の底に突き落とすジダンのロスタイムのゴールの時は
ビデオだから結果も知ってるのにテレビの前で叫びましたよ。
(たまたま、映像は見てなかったからホントにびっくりした)
ジダンのプレーがいつまでも終わってほしくないと思うのは
もう、サッカーファンの共通の想いではないでしょうか?

フランスといえば、金曜日にエルゴラを読んでいて今更気付いたのが、
ビエラとマケレレについて・・・。
正直ランパードとジェラードのコンビよりも
ymacky的にはツボです(笑)鼻血級ですね。
プレーのことは良く分かっていないので
あくまでもイメージだけでそう思うんですが、たった今
やべっちFCで「巧」をもらっていました。

フランスの皆さんが、ポルトガルのガリガリなプレーに負けず
これまでと同じ様にプレーできるかどうか楽しみでもあり、
ちょっと恐ろしくもある・・・

そういえば、和希沙也嬢がBSのW杯開幕直前番組で
「8年前ブラジルを破ったから」と優勝候補について
ひとりフランスに一票投じていたのを思い出し、ちょっと感心。
周りにいた勝村政信や秋田さん(あの秋田です)がコメントに
ちょっと困っていたのを思い出すと笑いすらこみ上げてくるな。

まずは水曜日の早朝にドイツ×イタリア。
絶好調の開催国を相手に、やはり絶好調のイタリア。
う~・・・早く見たいけど、
終わるとどちらかが脱落するのは見たくない・・・

もちろん全て録画にします。
昨日、0時~2時をあきらめて、1時に寝たら
朝の目覚めが異常に良かったので・・・

2006年ワールドカップ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
手が出せない
ワールドカップ期間中の私・・・

★平日夜(早く・・・といっても20時とか21時頃帰宅した日)
終わってお風呂に入る→0時~の試合をライブ観戦→終わったら2時なので即就寝

★平日夜(寄り道する日)
帰ってすぐにお風呂に入る→0時~の試合をライブ観戦(以下同上)

★休日前夜
0時~の試合をライブ観戦→終了後お風呂→しばらくすると4時~の試合を観戦→6時就寝

★休日
どうしても溜まってしまう4時~の試合、録画していたものを鑑賞
その他外出、用事などを済ませるとあっという間に2日間終了

そんなこんなで疲労は蓄積し、ついに昨日のイタリア×ウクライナはライブ観戦を試みたものの、99.9%テレビの前で眠っていました・・・もう限界です。

ワールドカップ期間中は、FC東京の観戦がないので、もっとベイスターズを観よう♪と思っていたのにこんな状態では手が出せません。

そんな中、ベイスターズは6連勝中!?
今日も、ケーブルテレビで中継があったのに全く観ることができなかったのですが・・・
2夜連続のサヨナラ勝ちをおさめました~♪♪
今日は金城のサヨナラヒット、昨日は村田のサヨナラホームラン。

また、先日の日経新聞のスポーツ欄では、山口くんの大きな写真付で記事が出ていて嬉しい驚き。
(私は日経読んでないけど、電車でオヤジが読んでいたのを拝見)
巨人相手だとやっぱり世間にインパクトを与えるんだな・・・
いや、高卒ルーキーが初登板で初勝利ってこともあると思うけど、
とっても嬉しいニュースでした!

何かひとつにのめり込んでしまうと、なかなか他のスポーツが観られない。
ベイスターズ中心だった頃はほとんどサッカー見てなかったし・・・

でも、いざハマスタ行ったり、ふとテレビで観たりすると自分でもびっくりするくらい、ものすごく心の底から応援してしまいます。
それで、忘れかけていた愛着を実感する。
最近はこのパターンが多いですね・・・

明日も試合観に行きたいけど行けません(涙)
勝っても勝っても足りないくらい借金(29勝42敗2分・・・)あるので、ぜひヤクルトに3タテを。
個人的に、近年神宮観戦(レフト側)が最も多く、
なぜかハマスタに行ってもヤクルト戦というパターンが多かった。
結果的に(?)敗戦のイメージが強いので
ヤクルトに勝つのはかなり嬉しいです(汗)
決して嫌いなチームじゃないんだけどね・・・。


横浜ベイスターズ&野球 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。