Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
トリノ五輪にハマろう⑤~最高のパフォーマンス~
注目していた荒川静香さんがやってくれました♪

アイスホッケーを見ながらこれを書いています。
第1ピリオドと第2ピリオドの間に、荒川さんのショートプログラム、
フリーの演技を編集なしで観ることができました。

感動しました。涙が・・・浮かびました。
なんだか何を書いていいのか分かりません。

会場のスタンディングオーベーション。
演技が終わる、少し前から拍手が聞こえていましたね。
点数はパーソナルベストだとか・・・。
五輪の舞台でパーソナルベストですよ。

荒川静香さん、素晴らしいパフォーマンスをありがとう!
スポンサーサイト
トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
トリノ五輪にハマろう④~ホッケーも楽しいよ~
アイスホッケーにハマっています。
といっても、中継してたら意識的に見る程度ですが。
男子になってから見ています。・・・カッコよかったし(→重要?笑)
なんとなくサッカーみたいだし。

そういえば、ホッケーは決勝は必ず中継を観る様にしているかも。
でも、結局どっちに思い入れがあるとかまったく記憶がないので、
頂点が決まる瞬間を純粋に楽しんでいただけなのでしょう。

トリノ五輪ではスイスが強豪のカナダやチェコを破り、旋風を巻き起こしている・・・らしい(汗)。
※そのくらい、知識はないです。
この五輪で初めて見たのはまさにそのスイスがカナダを破った試合でした。

で、今日は何が書きたかったかというとまたイタリアのチーム。
今日は予選リーグでまだ勝利のないイタリア×上記スイスの試合を観ました。



⇒ 続きを読む
トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
ベイスターズも東京も
人間ドックの後、1時間ちょっと経つと診断結果が聞けるというので、お茶をしながら、プライベート手帳にFC東京の日程と、横浜ベイスターズの日程を書き込んで時間を潰していた(笑)
一応、有名な結婚式場の中の、ステキなカフェだったんですけどね(汗)

下のエントリにあるように、サッカーでは味スタに通いまくることは間違いない。

ただ、以前から言っているように、今年はどうしてもベイスターズ「も」見たい。

平日の日程を書き込んでも多分ほとんど行けないと思うし、
思いつきで行ったとしてもチケットはすぐ手に入るはずなので、
土日を含んだ3連戦、ハマスタ&神宮&東京ドームを中心に調べた。

ワールドカップの中断期間などもあるし、物理的には何とかなりそう。
6月って梅雨だけど、せっかくの交流戦(日ハムやオリックス戦がある!)だから、行きたいな。
最近、野球関連のニュース見ると清原&中村ノリばかりを目にするのですが(もしくは原監督)
うちのチームはいかがお過ごしでしょうか?
オフィシャルサイトとかでキャンプリポートを見てもいまいちピンと来なくて・・・
(それはFC東京も同じですが)

シーズン前にWBCがあるので、そこでのベイ選手の出番も期待したいな。
他球団が集まる(オールスターとかオリンピックとか)時、
ベイスターズの選手とそうじゃない選手との思い入れの違い、ってのを実感する。
私なんかは金城、多村、相川・・・が球団を代表するという事実だけで涙モノなんだけど
去年のブランクのせいか、一気に初心者に戻った気がするなあ。

手帳を見て、土日以外は仕事だよな、土日は2日間ずつしかないよな、と思いつつ、
シーズン開幕後に胸躍らせるymackyでした。


横浜ベイスターズ&野球 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
SOCIOチケットが届きました☆
ついに、ついに、年間チケットが届きました♪
20060219160932.jpg


3/5(日)の開幕戦はもちろん、なぜか春先は味スタだらけなので
気合入れて観戦してきたいと思います☆
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
トリノ五輪にハマろう③~モーグルは女子だけじゃない~
モーグル男子は、1/21のエントリにあるように、非常に楽しみにしていたのです。

平日はほとんど競技が見られない。
だいたい2:00とか3:00から決勝が始まるので、
ちょうどこれから面白くなるぞ!ってところで、もう限界。
昔なら頑張って観ていたけど、30代を超えたら体力の限界が(これは切実)。
遅くまで起きて仕事をする、ということができなくなってしまった。
(内勤だったらできたかもしれないけど・・・)

モーグル男子も予選だけはLIVE中継を見て、
泣く泣く決勝を観るのをあきらめて、ビデオをセットして寝ました。
朝、録画されているかどうか念のためチェックしようと「巻き戻し」を押したら・・・

突然、テレビが真っ黒い画面になりました。・・・いやな予感

あれ?テープが出ている。取り出しボタン押してないのに・・・と
もう一度デッキに入れたら
きゅるきゅるきゅるきゅる・・・

不吉な音だったので取り出してみると、予想通り絡まっていた。
正直これ以上ビデオテープに構っている暇はない、平日の朝。
友人に、夕方のハイライトだけは撮ってもらおうと、連絡をするのが精一杯だった。

テレビを消したのは、ロッカイネンが21秒台の猛スピードで
力強く駆け抜けて26点台を叩き出したところだった。
続きは、友達からビデオを渡してもらえた後に追記します☆
トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
トリノ五輪にはまろう②~歴史が生まれる瞬間~
ああ、前回のエントリからだいぶ経ってしまった・・・
初日ですよ。2/11!!スピードスケート男子5,000m決勝は!!

夜中のLIVEのときに日本人選手:宮崎さんの走りを見て、結果を見ないまま就寝。
いい位置につけてるかも~と甘くみていたのですが・・・
その次の日、編集された録画中継を見ようと思ってチャンネルを合わせた時、
ちょうど、その時点で首位に躍り出たオランダのクラマーと、
同じオレンジ色のスーツのフェルハイヘンの滑り。
クラマーは、世界記録保持者なんですね。
ラップタイムがずっと30秒を切るか切らないかくらいのレベルで、
前日に見た宮崎さんのタイムとは、だいぶ差がありました。
残念だけど、この人たちが優勝争いをしているのか、と確信。
でも優勝争いなら面白い。
これは観ておかなければと変な使命感でテレビの前にかじりついていました。

続いて、5種目にエントリしていて、その全てでメダル獲得する可能性があるという、
アメリカのチャド・ヘドリックが登場します。いろんな人がいるなあ。
彼は、この日が祖母の命日だったと、かなり気合が入っていた様子だったとか。
どうしてこんな偶然に競技の日に重なるのかしら・・・。

でも、それは彼の力になったのかもしれない。
なんと、オリンピック記録にほんの少しだけ及ばない、という
とんでもない記録を出し、クラマーと首位が入れ替わります。
もちろん会場は大盛り上がり!

だけど、その次の走者・・・
地元イタリアのエンリコ・ファブリスの登場。
なんとなくオランダ応援者の方が多いような??

そういえば、宮崎さんを観る何番手か前に出場したイタリア人選手
(確かもう1人の選手、ドナグランディだと思う)のコメントを、実況アナが紹介してくれた。
『イタリアではスポーツといえばサッカー。私のライバルはサッカーです。いい結果を出して、スピードスケートという競技、私という選手に注目して欲しい』

しかし・・・

ファブリスは、注目に値するラップタイム(29秒台前半~30秒前半)を刻み、
このまま行けば、3位になれるか!?というドキドキを味あわせてくれます!!
後半に向かうにつれ、だいたい30秒台前半に落ち着いていって、
ラスト1周を迎えた時点(11周目)のラップタイムが、
再び29秒台を出したその時!!

会場が一気に盛り上がりました。私も痺れました。

彼はそのまま、フェルハイエンの記録を抜いて、3位になり、
五輪のスピードスケートではイタリア初のメダルをもたらしたのです!!

毎日新聞の朝刊ニュースが彼に焦点を当ててくれていたので、長いけど、コピペしておきます。
⇒ 続きを読む
トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
トリノ五輪にハマろう①~King of SKI~
トリノ五輪。
時差もあってきっとあんまり見られないだろうな~
と思っていたけど、今日は家にいたので、朝からVTRを見ていました。

モーグル女子決勝が3時~だったので、そのVTRを見たかったのはもちろんだけど、
早めに起きてノルディック複合も見ることができました。

ところがこれが、意外に私の心を突く・・・。

日本人選手はジャンプの記録がそれほど伸びず。
期待されていた高橋大斗選手もコンディション不調、団体も残しているため
ジャンプの後、棄権することになった。
そこまでは知っていた。だから、そんなに何か思い入れがあったわけではありませんでした。
ひょっとしたら距離の方で順位を上げてくるかもしれない、と期待も持って見ていました。

ノルディック複合は、ジャンプのポイント(距離+飛行スタイルのポイント)の差が
そのままクロスカントリーのスタート時間の差になる。
1ポイント=4秒差なんだそうです→これは今大会で初めて知りました(^^)
だけど、ほんの少しの差だと、クロスカントリーで逃げ切るのが大変だとか。

距離スタート上位の方々↓
1位:ドイツのヘティッヒ。
2位:ノルウェーのタンデ(2秒差)。
3位:フィンランドのタルルス&同ポイントでフランスのラミーシャプイ。

2分差の中に15名くらいいた。

アップダウンの多いコースを4周、15km。
解説の三ヶ田さん(私にとってはかなりお馴染みな人)は
『キツイですよ・・・スキー操作を休めるところがないですからね』と言う。

しばらく見ていると、マラソンみたいに集団がどんどんばらけてきた。

上位3位:4名のうち、ラミーシャプイが早いうちに遅れて、残る3人が先頭集団を形成。
そして、その次のグループは何人もいたけど、やはり徐々に人数が減っていき、
3周目を迎える頃に先頭集団を猛追してきたのは、たった2名。

今度は競馬を見ているみたいだ、と思う。
そう感じると、私にとってはますます面白くなってきます(笑)。

追い上げてきた2名は、オーストリアのゴットワルトとノルウェーのモーエン。
ゴットワルトは、いわゆる"ブロンズコレクター"で、五輪では銅メダルばかりの選手らしい。
クロスカントリーは得意。3人の敵はもう目の前!俄然、この彼に注目したくなった!!

そして最終ラップに入ったときは、ゴットワルトがついに先頭集団に追いつき、
先頭集団にいた3人のうち、2人が下がっていく。
ゴットワルトの残る標的は、ゼッケン1=ジャンプ1位通過のヘティッヒだけだ。

しかし、ゴットワルトとヘティッヒのデッドヒートはそう長い時間続かなかった。
ヘティッヒがラストスパートをかけ、追いすがるゴットワルトを突き放したからです。

ゴットワルト、メダルの色は変わったけど、銀メダル・・・でも、素晴らしかった!
どちらの滑りにも感動してしまいました。

そして、すぐ後ろにいたみんなは?銅メダルは誰・・・!?
そう思ったのも束の間、画面が切り替わると、
今度は、先にあげたタンデ、タルルス、モーエンが、最後の最後までデットヒート!
そしてゴール直前、赤いスーツのタンデとモーエンが並び、
足だけを前に押し出し、なだれ込むようにゴール。・・・

ほんの僅かの差(0.1秒)で猛追のモーエンが銅メダルを獲得しました。
判定写真が出ましたが、パッと見、同じに見えます(^^;

注目のゴットワルトは、クロスカントリーを38分02秒4・・・
28番目のスタートから6位に追い上げたドイツのハゼネイの37分15秒7には及ばないけど、
堂々たる滑り・・・
そして、W杯のポイントランキングぶっちぎりの1位という実績を引っさげて、
メダル候補の筆頭にあげられていたというフィンランドのマンニネン、
「オリンピックには本当に縁がないですね・・・」と悲しく解説されていました。

というわけで、競馬予想みたいに、「参考レース」(W杯)の結果を調べてみることに。
・・・確かにW杯前7戦、7連勝しています!!マンニネン・・・。
オリンピックの記録には残らないけど、このような名選手がいることを忘れたくないです。
また、ドイツのアッカーマンという選手も「今回はエースが不調」と表現されていました。
ジャンプで大きく出遅れてしまったようです。
どちらも団体でも顔を出してくると思うので覚えておきましょう♪

・・・で、もうひとつ忘れたくないのが日本人選手。
3人の中で、いちばん結果が良かったのが小林範仁選手。
ジャンプでは23番手だったものの、距離39分21秒1という記録は全体の9位で、
先に挙げたタルルスやタンデなどと変わらぬタイムで、16位まで順位をアップさせました。
この数字の持つ明るい意味は、
http://torino.yahoo.co.jp/voice/serial/ogiwara/at00007714.html
で荻原次晴さんが語ってくれています。
経験者が語ると本当に説得力があります。

今週のうちにノルディック複合の団体があるので、こちらにも注目したいです。

荻原次晴さんのコラムには、上村愛子選手のことも書いてありましたね。
私と同じ様な気持ちを持っていらっしゃっるようなので、ここではあえて書きません(笑)
※手を抜いているわけじゃないです・・・。

ほかにもスピードスケート5,000mにハマったのですが、
時間がないので次回エントリにて・・・。
トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
柔らかさ、しなやかさ、美しさ
先ほど、日テレのニュース番組で、
フィギュアスケートトリノ五輪代表、荒川静香さんの特集を見ました。

私、彼女のことキレイだな~って思っていたんですけど、
実は、あまり演技を見たことがなくて。

五輪代表決定戦もニュースちらっと見ただけだし、
そういえばこれまで「やってるから見る」っていうくらいで、フィギュアスケートには、
スキーなどに比べてあまり興味を持っていませんでした。

特集では、彼女の得意技「イナバウアー」が新しい採点方式では
まったくポイントに関係しないことから、
自分らしさを消して(その技を封印し)得点を稼ぐことにするかどうか
悩みがあったこと、ステップをマスターしたくても、
実際に滑って手本を見せてくれないコーチでレベルアップに限界があったこと、
など、彼女のこれまでの苦労した点にスポットを当てていました。

彼女はコーチをモロゾフさんという男性に変更(五輪直前なのに異例だそうです)。
しかも、この方は「彼女のイナバウアーは世界一美しいから」と、
プログラムに組み込むことに。

良かった・・・と思いました。
私この「イナバウアー」って好きです。
私の体が半端なくカタイから、ないものにすっごく憧れるんです。
体の柔らかさって、そりゃあフィギュアスケートの選手ならば当たり前かもしれないけど、
動きのひとつひとつが柔らかい選手を、応援したくなります。
なんとなくパワーにかけて、ジャンプやスピンの印象に負けちゃいそうでも、
美しく、しなやかな、柔らかい演技・・・そういうのが見たいです。

風向きが良くなった荒川静香さん。
ますます応援したくなっちゃいました。
・・・と思ったら、公式ページがありました♪
"my favorite"というページを見ると・・・
スポーツ観戦が好き!?好きな色まで一緒??
もう、勝手に親近感が湧いてきてます(笑)

でもこのサイト内にイナバウアーの写真が見当たらないですね。
それは、本番の楽しみにとっておきましょう。

トリノ開幕まで、あと少し☆
トリノ五輪 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ジャンルカトト富樫さん
ジャンルカトト(富樫洋一)さん急死
というニュースが飛び込んできました。
(詳細下記コピペ参照)

特にこの人のファンであるとか、そういうのはないけれど、
昨年『Foot!Thursday』というスカパー(我が家はケーブルテレビのJ SPORTS)の番組で、
今後の予定を聞かれた富樫さんが、
「僕はアフリカ選手権の取材に行ってきます」
と公言していたを見たのが最後だったので・・・

日刊スポーツのニュース速報によると、
テレビのサッカー解説などで活躍していた富樫洋一さんが、7日早朝、取材先のエジプトで病死した。54歳。富樫さんは、エジプトで行われているアフリカ選手権を取材中だった。
 同行している世維子(せいこ)夫人から留守宅に入った連絡によると、風邪で体調を崩していたためか、就寝中にたんを詰まらせて呼吸が停止。医師が駆けつけた時には手遅れだったという。
 90年代のイタリア代表のジャンルカ・ビアリ、スキラッチの愛称トトから、ジャンルカ・トト富樫を名乗り、セリエAを中心に海外サッカーに精通していた。アフリカにも魅せられ、10年以上前からアフリカ選手権などを継続的に取材していた。
(日刊スポーツ) - 2月8日9時56分更新


ご婦人がご一緒だったのが幸か不幸か。・・・うーん。
10年以上前からこのアフリカ選手権を見ていたなんて・・・
貴重な存在だったなあ・・・
などなど
思うことが色々ありまして、ここにしたためました。
アフリカ選手権については携帯サイトの『オーレ!ニッポン』で続々ニュースが入ってくるので、
結果も何気にチェックしていたし、富樫さんが観に行っている事も頭の片隅にありました。

上記番組の日、Jリーガーの新人特集(当然栗ちゃん目当てで見た)をやっていて、
解説をしてくださった富樫さんは
「今年(=昨シーズン)は東京と千葉を中心に練習を見ていた」とおっしゃっていました。
今年も見ていただきたかったです(泣)

54歳。父と変わらぬお歳ですね。早すぎる死。とても残念です。
この場を借りて、ご冥福をお祈り申し上げます。
海外サッカー | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
MXテレビ
金曜日夜。体調最悪。ということで仕事は18時に上がる。
両親はどちらも夜遅いらしいので、我が家にたったひとつしかないテレビ、
めずらしくチャンネル権が私のもの。
だけど、いざテレビを見ようとしても・・・いつもついているのを観ているからなあ
と、ゴロゴロしながら、チャンネルを変えていたら、MXテレビになった時、
ホームでマリノスに快勝した、あの試合のリプレイをやっていたのです!!

そうだ、今、MXテレビは再放送してくれてるんだっけ・・・。
と思いながら、そのまま爆睡(泣)
ノリオの弾丸FKも花火も見てないよ・・・
スタジアムで見たんだけどね・・・

起きたら試合終了していて、今ちゃんインタビュー。

しかしそれだけで終わりではなかった。

ゴール特集をかなり長い時間やっていてくれて、やってないゴールのが少ないのでは、と思うほど。
ゴールシーンだけが淡々と流れていくんだけど、
それを見ていて、やっぱり随分試合を観に行っていたんだな、と思う(笑)。
今年はどれくらい観に行くことになるか分からないけど、
ついにSOCIOになりましたので、味スタ通いは間違いなし♪
ホーム自由席。先日、チケット予約承りましたハガキが届きました。
住処にしていたバックスタンドとゴール裏。
去年は、別のカテゴリになっていたので、SOCIOになってしまうと選べないのが都合が悪いと思っていたのですが・・・
この両方が共通のカテゴリになったことは、私に
「これで買わないつもりなの?」と無言の訴えを受けている気分でした(汗)。


ちなみに明日はガンバ大阪戦のリプレイだそうです。

そのうちキャンプリポート、やるかなー。
本音を言えば、そっちが見たい。
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
プロ野球もキャンプイン
横浜ベイスターズ。

こちらも沖縄の宜野湾でキャンプインです。
2/1~26まで。長いですね。
友人のPekoちゃんが、よくキャンプを見学しに行ってた頃は
『キャンプの雰囲気で、その年の良し悪しが分かる』
と言ってました。
絶対行った方がいいよ、といわれつつ、一度も行ったことないな。
野球部の練習とか見るの好きだったから多分楽しいだろうなあ。

まだスポーツニュースの時間じゃないけど、そのうちやるかしら。
(朝は清原しか見てない)

去年はすっかりFC東京にハマってしまい、ほとんど野球を観なかった。
ちょっと私らしくない、といえば私らしくないシーズンでもあった。
今年はハマスタにも神宮も行きたい!って思います。
(でも7番のユニを着ていくのは迷いがあるな・・・)

神宮でまったり(あの球場はこんな感じ)平日ナイター。
夕食代わりにレフトスタンド裏に売ってる、あの親子丼を食べたい。
※普通のサラリーマンはビール片手にご覧下さいませ♪

ハマスタは休日オンリー。
中華街で肉まん等をつまみ食いして小腹を満たしてから入場。
終わった後も横浜散歩を楽しむ♪

飲めない故、買い食いと切り離せない私のプロ野球観戦。
サッカーとも日程をにらみつつ、今年は実行していこうと思います。

横浜ベイスターズ&野球 | トラックバック(2) | コメント(6) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。