Colorful days2

FC東京と横浜ベイスターズを中心に、スポーツに関すること、あれこれ語らせてください♪ ★日々の気まぐれな日記はColorful days3へ★ http://wind.ap.teacup.com/rainbow/
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
大好きな店、再確認
この週末は、私の「行きなれていない街」に足を踏み入れた。
そこでの出来事を書き留めておきたいと思います。

①吉祥寺とステキな喫茶店
こちらは行き慣れていないどころか、実は初上陸・・・
30年間東京に住んでいるのに全然ご縁がなく、何故か行った事がなかった。
ご案内されたのはくぐつ草という喫茶店。
落ち着いた雰囲気の、珈琲にこだわりのある喫茶店。
ほぼ毎日スタバとかタリーズとかドトールとか行ってるけど、
実は私1杯の珈琲がちょっとお高めな、渋い喫茶店が大好き。
ゆえにデイリーには使えないのですが、たまの休日に入るには最高♪
フレンチローストブレンドの「ストロングタイプ」と「ソフトタイプ」から選べ、
私はソフトタイプを選択。苦味の強いのも好きだけど、
どちらかというと、まろやかな方が好みかな。
ランチで食べたカレーも美味しかったし、次にもし行く機会があったら
デザートも食してみたい。
ちなみに同じ日の夜、新宿三丁目で『バルコニー』という喫茶店にも行った。
私のお気に入りの条件のひとつに入る「味のあるオジサマがマスターであること」
にぴったりと当てはまる、温かい雰囲気のお店。
美味しい珈琲を2回も飲めて幸せだった♪

②池袋の東急ハンズにて
初めてではないけれど、行き慣れない者にとって、池袋は迷路同然(汗)
今日はわけあってここの東急ハンズに行った。
ハンズは大好きなお店だけど、かなり久しぶりに行った。
色々なものを見て、興味が湧くものがたくさんあってお買い物は盛り上がる盛り上がる・・・
なんて面白いところなんだろう、と再認識。
それから新たな発見という意味では
ハンズに行けば、今、何が巷で熱いのかが一目瞭然ということ。
そして、ここに来なければ特に認識しなかったと思うので、
いかにそういう流れから離れたところに自分がいた、ということも分かってしまう。

何を見て回ったかというとネタバレしては困る事情で行っていたため
書けないのですが・・・。
文具のフロアで年賀状コーナーで溢れかえる人たちを見て、
あー、今年ももうすぐ終わるんだなって、思った(笑)
流行っているもの、季節感・・・時の流れが如実に現れているけれど、
様々な分野の物がフロアごとにまとめられていて分かりやすい。
"きちんと整理整頓された宝箱"みたいな東急ハンズ、最高♪

この後、同じようにたくさんの物が詰められている
ドン・キホーテ(正確な店名はピカソ)にも行った。
ところが、あんなに盛り上がったハンズの、あのトキメキがない。。。
ちょっとこんなブログなどでは公にできない下ネタちっくな物も多いので
「ここは深夜に来る場所だな」と感じた(笑)。
あとは陳列形式も微妙に影響しているのかなー。


スポンサーサイト
散歩の記録 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
感謝の日
※Jリーグ第33節
△FC東京1-1川崎フロンターレ△

今日は味スタ最終戦。
吉祥寺をこちらの方と軽く散歩して、おいしい昼ごはんを食べてから向かった。
私は次節、遠征しないので、これが今シーズン最後の観戦となった。

☆先発メンバー
 FW:ササ
 MF:鈴木規郎、栗澤、阿部、今野、梶山
 DF:藤山、茂庭、ジャーン、加地
 GK:土肥様(マッチデープログラム、かっこよすぎる・・・)
 交代選手:栗澤→戸田/梶山→宮沢/加地→金沢

☆フロンターレ
 FW:ジュニーニョ、我那覇
 MF:マルクス、アウグスト、谷口、中村
 DF:相馬、伊藤、寺田、箕輪
 GK:相澤
 交代選手:谷口→佐原/我那覇→黒津/相馬→久野

なんとなく生ぬるい空気が漂っていた前半。
選手の疲れが見え隠れするプレーに、ゴール裏もスイッチが入らない感じ。
そして、22分に失点・・・先にやられました。
「右の俊輔」と呼ばれているとかいないとかで、密かに注目していた中村憲剛。
名前とは裏腹の、柔らかいキックがゴールを揺らしてしまう。

これまでのパターンだと、先制されてからスイッチが入るかな、と思いきや
前半の間はそれほど大きな変化はなく。
むしろ主審の謎の判定の数々に変な風にヒートアップしてくるゴール裏・・・。

モヤモヤした感じで前半を折り返すものの、「負けるわけがない」という変な自信と
「選手交代で絶対流れが変えられる」という東京というチームへの信頼。

だって、勝てなかったときも、絶対最後には闘志を見せて全力でゴールに向かっていって
最後の最後まで、私達に希望を持たせてくれる、そんなチームだから。

後半の10分台から、監督・ヒロミはやはり手を打ってきた。
栗澤見られて嬉しかったけど、今日はそれほど効果的だったとは言えず。
戸田が入って、私にとっては久々の
「おー、とーだ♪おー、とーだ♪おー、とーだ、とーだ、とーだ♪」。
味気の足りない東京に、スパイスが入り、徐々に東京にチャンスが生まれてくる。
しかし、まだ何かが足りない。
これまでとはやはり動きが目に見えて良くない梶山に替えて、今度は宮沢がIN。
宮沢が入ると・・・間違いなくスタンドの空気は変わる。
男性の野太い声で「み゛や゛ざわ゛~~~」と言う声があちこちから聞こえる。
それを見ているとたまらなくなる。
サポになりたての私は同じ感覚では見られないけど、「そういう選手なんだ」ってことは
充分分かる。
ゴール裏に陣取った私達の目の前で、宮沢がCKをセットすると「宮沢」コール。
すると、宮沢が「もっともっと!!」とサポーターに向かって、声援を仰るパフォーマンス!!
点には繋がらなかったけど、完全に私達の心は奪われたひと時だった。

先ほどから不調に見える選手ばかり名前を挙げているが、
この日、光っていたのはノリオ。本当に見応えがあった。
誰かの表現を借りると「ゴリゴリ」突進して行って、体勢辛くても
なんとかゴールに押し込もうとするのがヒシヒシ伝わってきて
間違いなく「今日の抱か○た○NO.1」だった。
ただ、ノリオもゴールは決められない。

ぐつぐつ煮込まれてきた東京の攻撃。
仕上げは、この日ちょっと不調だった加地に替わり、金沢浄さんIN。
両サイドの雄が怪我がちの中、その穴を埋め続けるフジさんのお給料上げてよね>フロント

浄さん投入でさらに攻撃力がUP☆
ついに、ゴールをこじ開けた。
あとは入れるだけ、のパスを絶好の位置で受けたササの、2試合連続のゴール♪♪

エル マ~タド~ル サッサ~♪ ス、ペール サ、サ、ゴ~ル♪

飛田給中に響き渡りそうな、ササの歌。今日、一番歌われた歌かもしれない。
出たら仕事します、頼もしい男だ。

あと1点が取れなかったのは・・・置いておいて(汗)
予想通り、期待通り、後半に盛り返し、
中2日ずつの苦しい日程の3連戦の最後のゲームを終えた。

怪我人が多い中、いろんな選手がカバーし合って、
総合的には高いパフォーマンスを見せてくれていることは、
11戦連続の負けなしという成績が証明してくれている。

そしてホーム最終戦は、毎年恒例の原監督のご挨拶。
控えや怪我で戦線離脱している選手も全員、サポーターの前に現れた。

しかし、次節には、敵が「絶対に負けられない戦い」として挑んでくる、
セレッソ大阪戦が残っている。
上位陣がもたついている中、ついに首位に登り詰めてしまったセレッソ。
最後にすごいカードが回ってきた・・・やっぱりこのチームには「何か」があるらしい(笑)
いいゲームをしてもらって、気持ちよく締めくくって欲しいな。

今日の東京の試合を鍋っぽく表現してみたくなったのは、
多分、試合後にブログ仲間で鍋を食べたせいですね(笑)
試合前にお会いした方々も含めて、今年のいろんな"出会い"に感謝。
まさにobrigadoなのです。
サポへ感謝の意を表してくれていたFC東京。そんなFC東京にサポとしても感謝します☆
お互いに感謝し合えるこのチームは最高です!!

FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(9) |permalink
ラクーアでエステとサッカー??
take3soちゃんから(3ヶ月遅れの)「誕生日プレゼント」。
スパ・ラクーアへ行ってきました!
プレゼントは「ラクーア行って好きなエステを受けていいよ」というもの。

館内着とタオルのセットを引き換えたら、早速エステメニューを予約。
エステ「Pure」の、アロマジェル全身マッサージと、顔のクレンジング+パックのコースを。
2人一緒にできるのは1時間半後だったので、
お風呂に出たり浸かったりを繰り返しながら待った。
露天風呂に出ると、いい天気だった。冷たい空気と温泉ほどマッチするものはない!

アロマジェルは「痩身効果」のあるイランイラン+サンダルウッドの香りor
「リラックス効果」のあるローズマリー+ラベンダーが選べた。
私は後者を選択。ラベンダーの香りが好きなのと、とことんリラックスしたかったから。
揉まれると、あちこちがゴリゴリ。
相当凝っていたみたい。特に脚全体、肩甲骨周り、首筋。

しかし、顔のクレンジング辺りからは、ほとんど寝ていた・・・
終了後、「肌がつるつるになりましたよ♪」と起こされる。

パックは潤い補給と毛穴の汚れを落とす効果があるとのこと。
確かに触るといい感じだが、2~3日しかもたないそうだ。美肌は一日にして成らず。

エステ終了顔は館内着に着替え、テレビを見ながらソファで休もうと思ったけど
・・・ひとつも空いていない。大いびきをかいて寝てるオジサンもいた。
すると、MXTVでFC東京×アルビレックス新潟の試合を見ている人を発見!!
ちょっと覗いたら、後半開始したところだった。
余計に見たかったけど、どうしても空かないので、
あきらめて共有スペースに移動。そこにあった大画面テレビで放映されていた
ガンバ大阪×大宮アルディージャを観ていた。
途中経過くらいは見られるだろう、と思ったけど、
優勝争いが絡んでいたセレッソ大阪と鹿島のゲームしかやってくれない。
東京の勝利を知ったのは、試合終了後。
大宮が勝利し、ガンバの選手ががっくりとうなだれていた映像の後に出た、「他会場の結果」のみ。
粘ってその後の『速報Jリーグ』まで見ていたのに、映像なし・・・
ササが入れた、ということだけは分かったけど・・・
take3soちゃん、ごめんね、付き合わせちゃって。
まさかラクーアに来てまでサッカー観戦になってしまうとは思わなかった。

外に出ると既に暗くなっていたので、ラクーア一帯がこんなにキレイに♪
20051123223429.jpg

夕飯どうしようか~って迷いながら歩いていたら、
クラッシックが流れて出して、噴水のイリュージョンが始まりました♪
20051123223617.jpg

もちろん、ジェットコースター『サンダードルフィン』からの悲鳴は、
この場所では1日中響き渡っているのは、言うまでもない。

最後に・・・take3soちゃん、素敵な誕生日プレゼント、有難う☆

散歩の記録 | トラックバック(0) | コメント(3) |permalink
美味しい活力②(11/18:イタリアン)
豆乳鍋の後、仕事の疲れのせいか、ものすごくローテンションになってしまった。
正直、日曜日の試合は行くかどうか迷ったほど、沈んでいた。
立ち直ったのは、なぜか金曜日(18日)の仕事中、急に・・・だった。
何がきっかけだったか分からないけれど、とにかく急に元気になった。

そして、その意気で仕事を片付け、飯田橋の"スクニッツォ"に向かった。

ここに記しておくべきことは、
料理が美味しいこと、店員さんが親切だったこと。
それだけだと普通の「良かった店」になってしまうのだが、
すべてのレベルが半端ではなかったのである。
(普段はあまり高級なものは食べてないので・・・)

メニューを決めてる間、仕事の電話が入ったりして席を外していたので、
ほとんどは仲間にお任せだった。
だけど、出てくるもの出てくるもの、全てに盛り上がった。
「これ、美味しいよ!」っておしゃべりを遮ってまで
みんなに早く食べるよう勧めたくなるほどのお料理の連続。

きちんと料理名を覚えているのは、
●紫芋のニョッキ
●スカンピ海老とフレッシュトマトのパスタ
だけなんだけど>_<(ほんとにブログを書く気があるのか・・・)

ニョッキは、紫いもの甘み、ソースのベースになっているチーズの香りが最高♪
パスタは、その海老の風味が最高でした!
この海老に限らず、とにかく魚介類の料理がすごく美味しかった。
店員さんが持ってくるたびに、きちんと料理名を説明して下さったのに、
あまり覚えていなくてすみません・・・
しかも「美味しい」しか書けないのが辛い。

店員さんの話では、日替わりでおすすめメニューが変わるらしい。
・・・お値段はかなり高めだと思う。それを出しても惜しくないと思った。
ただし、値段の割には店内の雰囲気が高級すぎる感じがなく、
お財布の勇気さえあれば(?)気軽に楽しめるところが素晴らしい♪

ちなみに女性専用トイレが男女兼用トイレとは別にあり、その中に
お店の感想を書けるノートが置いてあった。
お店への温かいメッセージがたくさん書かれていた。
私も素直に書いた。
いろいろ読んでいると「△△と来ました。次は◆◆と来たいです」という文章がちらほら。
そう、何を食べるかより、誰と食べるかがすごく大事!!

この日は料理もさることながら、
2つ前に働いていた会社の仲間との久々の再会がメインだったので
余計に料理の記憶が飛んでいるのだ(→言い訳)。
女ばっかり5人で集まったのだが、本当に楽し過ぎた(笑)。

このようなきちんとしたお店には、やはり、大切な人と行くべし☆


散歩の記録 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
美味しい活力①(11/16:豆乳鍋)
先週の水曜日、pekoちゃんと会ってものすごくオイシイものを食べた。
物凄く寒い日だったので、頭に浮かんだのが目黒の「由庵」での、豆乳なべ♪

pekoちゃんとは長い付き合いだし、2人とも食いしん坊なため、
いったいどれだけの料理を一緒に食べたか・・・
不思議なのは、お互い味の好みがぜんぜん違うのに、
「これが食べたい」と選択するメニューがほぼ一致することだ。

この日はコースで頼んだので、そういうことはないと思いきや、
前菜盛り合わせ6種、最初に手をつけたレンコンの煮物が一緒だったので爆笑。
その後お造りを堪能し、いよいよ豆乳の入った鍋が運ばれる。
まずは、お豆腐を入れて少し温めてから味わう。
豆乳にはしっかりした塩味がついていて、オイシイ。
生きてて良かった。とさえ思った・・・。
野菜は水菜。それにキノコ、豚肉が加わる。
シンプルだけど、すごく美味しかった。豆乳、2回差してもらったかな。
豆乳なのでヘルシーだけどすぐにお腹一杯になる。
〆は、黒米うどん。お蕎麦を濃くした様な色をした太めパスタ
・・・??って感じのこのうどん、もっちりしていて超美味☆☆
最後はデザートのマンゴープリンと、健康茶も付いてくるこのコース、
3,990円也。
贅沢な外食は本当に久しぶり。幸せだった。

ブロガーとして詰めが甘いのは、やはり相変わらず写真がないことだ。
どうしても食べ物が目の前にあったら、まず箸をのばしてしまうので。
それでも書き留めておきたい料理でした。

そして贅沢にも私はその2日後にもグルメな夜を過ごす。
美味しい活力②へ続く♪

散歩の記録 | トラックバック(0) | コメント(4) |permalink
久々の東京散歩
※先日の追記です。最近寂しくも「散歩の記録」がないので別エントリにします(^^)

東京の勝利をどこでお祈りしたかと言いますと、試合前、深大寺まで足を運んだのです。
見事な企画をして下さったのはこちらの方
この場を借りて、御礼申し上げます。有難うございました。
いろいろ写真を撮ったけど、ほとんど一緒なのでお気に入りを一枚だけ。
20051121214810.jpg


色鮮やかな木々。冬の空気。出店から出てる湯気(蒸した"そばぱん"は絶品です♪)。
すごく気分が良かった。朝ちょっと早めだったので余計に気持ちいい。
お参りついでにおみくじを引いたときに、「あらそいかつへし」という単語を発見。
今日の勝利はもらった、と確信したとかしないとか・・・
凶を引く確率の高い私にとって「吉」は嬉しかったな。

そして、この日、忘れてはならないのは深大寺そば!
注文した「松葉茶屋」の十割ソバは、今までに食べたことのない味でした。
味が柔らかいんです、香ばしさよりも甘さがあって。
仮にも江戸っ子のワタクシ、このおソバには感動でございました。

この週はグルメ続きで幸せ♪(→これはまた別エントリで)

しばらく、"東京散歩シリーズ"から遠ざかっていたので、
もっともっと色んなところに行きたいとつくづく思いました。

散歩の記録 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
笑いが止まりません
※Jリーグ第31節
◎FC東京2-1ジェフ千葉×

爽快な、攻撃サッカー炸裂★笑いが止まりません。
ナビスコカップ王者ジェフを粉砕しました。

☆先発メンバー
 FW:ルーカス
 MF:鈴木規郎、馬場、阿部、今野、梶山
 DF:藤山、茂庭、ジャーン、加地
 GK:土肥
 交代選手:馬場→栗澤/ノリオ→ササ

☆ジェフ
 FW:ハース、巻
 MF:水野、山岸、坂本、阿部勇樹、佐藤勇人
 DF:結城、中島、斉藤
 GK:櫛野
 交代選手:水野→羽生/山岸→林/ハース→工藤

前半は一進一退。どっちも引かない、すっごく見応えのあるプレー。
時間が本当にあっという間に過ぎていった。
どちらも決定機を逃し0-0で折り返したが、全然負けていない!!
オシムサッカーがスゴイとか、ナビスコカップ覇者とか、全く関係なし。
確かに選手のプレーそこここに、その片鱗は見られた。
ボールやゴールに向かうダッシュのスピード、激しいマーク。
青と白、2色のユニフォームがセットになって走っている姿がそこここに。
だけど、このゲームは勝たなくちゃ負けに等しい。そう考えていた。

そして後半。
先制したのは東京。今日もキレキレ、今ちゃんが左サイドを駆け上がり、
クロスを梶山がシュート♪ゴール裏の私達の目の前でネットが揺れる!
攻めに攻めて、難産だった先制ゴール(→かなり久しぶり?)!!
ところが、やはりジェフはただでは転んでくれなかった。
恐れていたハースに、仕留められ、1-1。
ところがそこからどんどん東京ペースになっていく。
ノリオのバーに当たったシュートは本当に惜しかったな。
この日、裏で見ていて『入るか!?』というタメにタメたシュートが
何本もあったけど、不思議とゴールに繋がらなかった・・・。
だけど、その攻撃の数々が私達に勝利を期待させる。
そして、栗澤&少し経ってササがIN。
ジェフで交代した選手では、林が凄く印象に残った。遠目からみていると怖い。
物凄いスピードでゴール前まで持っていかれちゃって、
追いかけていた栗澤(→多分)は追いつけなかった。
しかーし!
その栗ちゃんからのパスを受けた阿部ちゃんが素晴らしいゴール♪♪
ついに勝ち越し!
そしてそのままのスコアで試合終了!
ジェフからの勝ち星は、3年ぶりだそうで・・・良かった良かった☆

強いじゃん、東京(笑)やっぱり勝利の味は格別!
やっぱりお祈りが効いたのかな!?(→追記に続く)


FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(5) |permalink
"LIVING IN COLOR"
最近、『FC東京ホットライン』の三田涼子アナを見るたびに短い髪もいいな・・・と思っていました。
(※リンクしたサイトでは長い髪の頃の写真です)

私は髪型が決まらなくなってくるととりあえずすぐ美容院に駆け込みます。
やっとのことで伸ばした髪だったのですが、マフラーやコートで首元がかさばる季節、
すごく邪魔になってきてしまいました。
髪をまとめたり、アレンジしたり・・・というのが得意ではないので、
切るしかないな~という単純な結論に至りました。

結果、かなりさっぱりしました。
現在の三田アナ(写真ないかな・・・)に近い感じになりました。
でも私はこっちの髪型のが好きかも。
短かった時は、髪を長くして、パーマをかけて、お姉さんぽくしたい、という野望だったのですが・・・

でも髪を伸ばしたり切ったりアレンジするのは女性の特権かも♪
しかし、買ったばかりのパーマヘアー用ワックス、どうしよう。。。

そして、この美容院に行った後、通り道のGAP原宿店に行くのが定番コースになっています。
GAPの、この秋冬コンセプトは「LIVING IN COLOR」
本当にキレイな色のモノがたくさん売っていて、見ているだけでも楽しい。

普段、私はモノトーンでまとめたジャケット+スカートの姿で、
黒くて大きな営業カバンを持って仕事をしているので、
週末くらいカラフルなモノを着たい!と思い、ニットを2つお買い上げ♪
大好きなワインレッド(商品上は「ガーネット」だった)のVネックニットと、
ブルーサックスブルーミントグリーンのストライプが鮮やかなクルーネックのニット。
他にも、ものすごく鮮やかな濃いターコイズブルー(色が拾えない・・・)と優しいピンク
のカシミアニットを着てみたけどしっくり来なかった・・・。
カシミアということもあってちょっと高額だったから、助かった、という気持ちのが強いけど(笑)
形なのか色なのか、両方なのか・・・。

何度もブログでは書いているかもしれませんが、
似合う色を着ると年齢は5歳若く見える
と言われるほど、色は重要。
でも、今日買ったストライプなどは、単品でもほとんど私には似合う色ですが、
コントラストが強くハッキリしているからしっくり来たのだと思います。

GAPのカラフルな洋服の数々を試着してみて、
自分に似合う色の傾向がさらにハッキリしてくる。
ということが再発見できました★

ああ、早くお金を貯めて本格的に学びたいな(>_<)

色について | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
ユータ+クリ+コンちゃん
買いました。週刊サッカーダイジェストです。

ゆーたとクリ


私の大好きな2人が対談ということで、
日本代表の選手達を特集しているのにもかかわらず、
全てをすっとばしてこのページから読みました(笑)
東京サポの方はご存知かと思いますが、ユータ、クリ、今ちゃん3人が仲良し。
結構プライベートな話題が多いですね。

以前このブログでクリちゃんとユータが一緒に出てほしい
と書いていたのだけど、この対談の中では本人達もそんな風に言っていました。

これを読んでいて、つくづく
若いと思いました。
青いという意味ではなく、単純に、です。
3人でいると、普通に楽しいんだろうな・・・。

私だって22、23歳の時は、制服着た絵に描いたようなOL:1~2年。
昼休みとか、同期と毎日ばか笑いしていて
上司に「楽しそうでいいねー」と言われていたっけ。。。

話が東京から逸れてきてしまった。

いつかは所属チームだってバラバラになってしまうかもしれない。
だから、3人一緒のうちに、同じピッチで素晴らしいプレーを
嫌というほど私達に見せ付けて下さい。お願いします。


FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
久々にヒットした占い
友達のブログから見つけた占いです。
http://tanpopo-tane.com/top/fortune1.asp

生年月日+出生時間+出生都道府県+性別を入力してクリックするだけ。

あなたの持って生まれたもの  
目鼻立ちのはっきりとした、骨太のいかつい美女が多い。
美人なのだがいわゆるなよなよとしたタイプではないため、強く見られがちで損しやすい。めったなことでは泣き言も言わず、弱みも見せず、そういった性格からもきつく見られやすい。調子に乗っている時はなかなか冗談のセンスもあり、がんばり屋なので男性の中にまじっても堂々と渡り合ってゆけるだろう。
だが調子を崩してしまうと元来の心打ち開けぬ性格が裏目に出てしまい、状況を理解もせずして"キレ"てしまったり、説明もせずにだまりこんで自分のカラに閉じこもってしまうことでより自分を追いつめていってしまいがちな所に注意してほしい。自分についてくる人間にはとことん優しい尽くし屋で、まわりがやめろと言っても入れこんでゆくような所もある。心配してくれる人々の言うことはきちんと聞くこと。逆にかたくなでまじめな一面を逆手にとった仕事につくと万人のためになることもある。
例えば医療関係の仕事、検査技師や看護婦、上司にすら"NO"という強さを生かす監査や現場関係をマネージメントする仕事、その他、衛生についてとかく気をつけねばならない食品や調理関係など生かしていく道も多いだろう。心理関係でも才能を見せる人が多い。何にせよ下について上の顔色をうかがって暮らすことにはあまり向かないので、どの道を選んだとしても努力してなるべく、"長"となっていくほうが自分もまわりもやりやすい。
結婚しても、上に立ちやすく、尽くしやなので相手が年下や、一緒に働くパートナーを求めているのならばよいが、相手も亭主関白だったりしてしまう場合は反発してしまい、良さが出てきにくいのではないだろうか。
自分では望まずとも勝手に頼りにされてしまうことも多い。なぜか波瀾に満ちた道を選んでしまいやすいので、とにかく食べるに困らない手に職をつけること。生活力はあるので根本的には暮らしてゆきやすい。
 

美女かどうかは別として90%当たっているとみた・・・  
どうぞ皆様もお試し下さいませ。
ノンジャンル | トラックバック(1) | コメント(2) |permalink
臨場感あふれるスタジアム
※Jリーグ第30節
△FC東京1-1鹿島アントラーズ△

fc2ブログ仲間のたかぴーさん&TATSUさん+うるっちーさんと、この車で遠征しました♪
たかぴー号

東関道ではスタジアムに向かう仲間と見られる東京ステッカーが貼られた車、
もちろん鹿島アントラーズ仕様の車にも出会いました。
そして青赤マフラーを(意識的に)風に揺るがせながら快走する、
バイクの方にも出会いました(^^)
サービスエリアでは知らない方々からも声をかけられます。
青空の下、清々しい気持ちでスタジアムに到着。
鹿島スタジアム


☆先発メンバー
 FW:ルーカス
 MF:鈴木規郎、馬場、阿部、今野、梶山
 DF:藤山、茂庭、ジャーン、加地
 GK:土肥
 交代選手:茂庭→三浦/馬場→栗澤/梶山→浅利

☆アントラーズ
 FW:本山、アレックスミネイロ
 MF:フェルナンド、小笠原、リカルジーニョ、深井
 DF:大岩、岩政、青木、新井場
 GK:曽ヶ端
 交代選手:青木→名良橋/深井→野沢/リカルジーニョ→鈴木隆行

カシマスタジアムはサッカー専用スタジアム。ピッチが近い。
試合前の練習、特にGK土肥さんが間近に。
私達は声を揃えて「かっこよすぎる!!」「オーラが出ている!!」
そしてこのお方のゲームへの貢献度といったら・・・。

開始早々は、東京もアントラーズも一歩も譲らずといった状態。
しかし徐々に押し込まれ、私達に向かってアントラーズが攻めてくる。
ものすごい臨場感だった。
首位・ガンバ大阪を勝ち点1差で追うアントラーズ。
ガンガン攻め込んできて、それを押さえにかかる東京が誇るDF陣。
それでもどんどんシュートを撃ってくる。
そして、本山とほぼ1対1状態になったところでのシュートを、
土肥さんが落ち着いて超ファインセーブ!!
真後ろから見ていて、本当に迫力がありました。
しかし、それから何分も経たぬうち、CKから失点を許してしまいます。
これは誰も防ぎようがなかったというか・・・岩政の執念、
優勝への執念としか言いようのないゴールでした。

さて、これで東京は3試合連続で前半にセットプレーから失点。
ということは・・・
点を取られたとかそういうマイナス感情よりも
『前半終了間際→後半逆転勝ち』という都合の良いシナリオが頭に浮かびます(笑)。

そして、シナリオ通りの・・・前半42分。
少なかった東京ペースの時間帯、チャンスをモノにしました!!
最近絶好調の今ちゃん♪
トーチュウにはまたパフォーマンスをやった記事が出ていたけど、
反対側のゴールではさすがに見えませんでした。

同点で折り返し、ますます逆転への期待が膨らみます。

ところが・・・アクシデント発生。後半19分のことでした。
東京の生命線とも言える、茂庭が負傷退場してしまいます。
大事に至らないといいのですが・・・
そこから先は・・・選手交代もむなしく、ほとんど相手の時間帯でした。
つまり、ほとんどのプレーが向こうのゴール裏前で行われており、詳細がよく見えず(泣)。

私達は必死に歌います。カシマスタジアムにこの声が響いているのを感じました。
DF陣や土肥さんが必死に最後の最後のところで踏ん張っているのは分かるので、
本当に力が入りました。
そして時々ボールを奪ってカウンター攻撃でノリオが、阿部ちゃんが、ルーカスが・・・
こちらに向かって走ってくると本当にドキドキしました。
特に交代で入った浅利のミドルシュート・・・枠に入ってましたね。
曽ヶ端にセーブされてしまうんですが。勝利の匂いが一瞬しましたよ。
終了直前も引き続き東京ボールになることが増え、相手も力尽きたのでしょうか。
1-1で終了しました。

東京サイドとしては、「よくもまあ、同点で済んだな」というのが正直な感想。
本当によく耐えたと思います。逆転勝利のシナリオもありましたが、
やはり優勝に賭ける意気込みをナメてはなりません。
これからもそういう上位との対決が続くので本当に休まる暇はなし。
だけどモニ、そして試合後に知ったのですが加地までもが負傷。。。
本当に心配ですが、検査結果を待つのみです。

さて、カシマスタジアムの周辺にはこんなものがありました。
観光客気分でプラスアルファの楽しみがあるのも、遠征の魅力ですね♪
ジーコさん

⇒ 続きを読む
FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(6) |permalink
アメイジング・グレイスの響きから
本田美奈子さんの死。今日は告別式でした。

★☆☆
この報道がテレビで流れるたび「アメイジング・グレイス」。
本田美奈子さんの、その小さな体から奏でられるその美しい歌声、
鳥肌が立ちますね。
残念なことに、私は小学生の頃に聞いた「1986年のマリリン」しか知りません。
舞台を観に行ったことはありませんでした。

だけど、あの歌声・・・生で聞いてみたかった。

みなさん(特に女性の方)、ちょっとあの出だしを口ずさんでみましょう。
彼女の歌声がどんなに素晴らしいか分かりますよ・・・

早見優や南野陽子のインタビューや、歴史を振り返るVTRで言われているように
ものすごい努力をして作り上げられた、プロフェッショナルな歌声。
本当に、もう聞きたくても聞けない・・・

☆★☆
ところで、もうひとつこのニュースを見ていて考えたこと。
5年前、私の短大時代の友達がやはり急病で亡くなりました。
入院中はもう意識がなかった彼女を仲間みんなでお見舞いに行ったし、
告別式にも参列しました。
美奈子さんの友人達が泣いている姿を見てたらあの頃の自分を見ているよう。
私もひと通り儀式が終わってから、泣き崩れた覚えがあります。
もうすっかり頭の片隅にしかなかったけれど思い出してしまいました。

美奈子さんはものすごくキレイな顔で最期を迎えたそうですが、
告別式に棺の中にいた友人の顔もとても安らかな顔をしていました。
彼女も努力家なタイプで、翻訳や英語の勉強を凄く頑張っていたんです。
そういうところもすごくダブる。

☆☆★
それから、このアメイジング・グレイスを聞いていて、
上の2つとはまったく別の思いも沸々と湧いてきています。
最近、ちょっと「歌を歌いたいな」と考えていて・・・
やるんだったら絶対ゴスペル。
リズムに乗りながら、ハーモニーを作っていくのって、憧れます。
「天使にラブソングを」大好きでしたしね。
今年のクリスマスには間に合いそうにないので、来年のクリスマスには
人前で発表できるようになりたいなー。
でも12月って色彩検定1級の試験なんだよなー。うーん。
いつもの野望癖(?)かもしれないので実現できるかどうかは怪しいですが。
でも今は素直にそう思います。

今日は少し重たい話題になってしまってごめんなさい。
それでも最後まで読んで下さった方、有難うございました(^_^*)


ノンジャンル | トラックバック(0) | コメント(5) |permalink
ラストスパートまで1週間
天皇杯(福岡戦)は完全にスルーしてしまった。
11月初めは心身共に疲れてしまい、味スタに体を運べず。

そしてほとんど興味が湧かなかった・・・。

中継はなくても、携帯サイトで速報はチェックできたのだけど、
テレビのニュースを見て、観客の少なさに驚いちゃいました。。。
春のナビスコカップ予選の時も少なかったけど、比較にならないほど。
私と同じようなスルー組がたくさんいたってこと?

天皇杯についてはいろいろ問題点があちこちで囁かれているので、
近い将来には変革があるのではないかと睨んでいる。
Jリーグはなんだかんだ言っても歴史が浅いし、
いい意味で、わりとそういう変化が早い気がする。
結局1ステージ制になったし。
「で、Jリーグって今どういう風になってんの?よく分かんないんだよ」
って言われちゃうこともあるけどね(汗)

天皇杯優勝チームが出られる『世界クラブ選手権』だって、
出来立てで何だかすっごく不安定な感じがする。
そのうち細かい部分が色々整備されていくんだろうな~と構えている。
ただしこちらについては当事者じゃないのであまり期待していないという話もある(汗)
だって、以前世界クラブ選手権がどっかの(→忘れた)破綻で
(当時ファンだった)ジュビロ出場権が台無しになった時のショックを思い出せば・・・。

本題がそれてしまった。東京に話を戻すと。
福岡戦中に負傷交代した浄さんの怪我、全治2~3週間って(泣)
あと1ヶ月でシーズンが終わってしまうのに。
幸い、右サイドの加地くんが復帰したので、フジさんにまた頑張ってもらえるね。
そしてササのパラグアイ代表召集・・・すっごく喜ばしいことなんだけどね。

シーズン中に時々ある、ちょっとした試合間隔の変化。
前半の調子悪い時は「これで切り替えられる」とちょっとほっとしたものだが、
今や「このいい流れを止めたくない!!」という悩みになるとは・・・。
ただ選手の体力面で言えば、今はいい感じのインターバルになって、
20日→23日→26日というスケジュールに備えることができるのかな。
・・・そう考えればいいのか。

どのチームにも言えることだけど、マラソンで言うと
これからの5節はまさに「ラストスパート」地点。
しかも上位+眼下(残留微妙地帯)のアルビレックスを相手にするとなれば、
・・・想像以上に厳しいかもしれない。

昨日のナビスコ決勝で、頂点をかけた真剣勝負を見てしまったせいか、
妙に気が引き締まってきた。
そんなに時間が経っていないのに、ガンバ戦が遠い昔に思えてきた(汗)

毎日毎日、90分の試合のためにトレーニングを続けている選手ってすごいな。
サッカー選手には有給休暇がないって誰かが言ってたけど。
みんなは常に体調に気を使いながらゲームに備えていると思って
私も明日から仕事頑張って、程よいテンションで鹿島へ向かいたい。

FC東京&日本のサッカー | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
あの人は今頃・・・
※Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝戦(TV観戦)
◎ジェフ千葉0-0ガンバ大阪×(PK5-4)

ずいぶん前にマリノス×ジェフを、当時の横浜国際競技場で観戦した時のこと。
ジェフのファンらしき男性が彼の仲間達(マリノスサポもいた)に
「ジェフはいいサッカーするんだよ、結果に結びつかないだけなんだ」
と愛情たっぷりに語っていた。忘れられない。

☆ジェフ先発メンバー
 FW:巻
 MF:ポペスク、羽生、坂本、佐藤勇人、阿部勇樹、山岸
 DF:斉藤、ストヤノフ、結城
 GK:立石
 交代選手:羽生→工藤/山岸→水野/ポペスク→林

☆ガンバ先発メンバー
 FW:アラウージョ、大黒
 MF:フェルナンジーニョ、二川、遠藤、橋本、松下
 DF:山口、シジクレイ、實好
 GK:藤ヶ谷
 交代選手:松下→入江/二川→宮本/橋本→吉原

序盤から激しいボールの奪い合いだった。
ちょっとジェフが攻めあぐねている感じ。
ガンバは前線の肉食獣たちが物凄いスピードでゴールに向かって走り込む。
それでもジェフは最終ラインできっちりボールを吸収。
そしてガンバも、ゴール前に立ちはだかる壁、シジクレイ。
東京戦の時みたいに、いつもそこには彼がいた。

正直もっと点の取り合いになるかな~と思っていたので
まさか延長戦になるまでスコアレス状態とは・・・。
決定的なシーンも少なかった。まさしく一進一退の攻防。
両チームともゴール前、こじ開けられない。

決着はPK戦へ。去年と一緒だね。

いつものことながら、PK戦は見たくない。
外してしまった選手の辛い顔を見たくないからだ。
だけど、「GKがファインセーブ」というパターンがあることを思い出す。

どちらのGKが切れているか・・・といえば、
何度か危ない場面を落ち着いて乗り切ったジェフの立石だ。
そんなことを考えていたら、阿部勇樹、巻の清々しい表情がアップになる。
まだ決着がついていないのに?

そして、立石は1本目の遠藤のPKを止めた。
今度は、マツゲぱっちりの目を潤ませていたフェルナンジーニョが映る。
まだ決着がついていないのに?

その後はお互い、これまでの120分同様、一歩も引かない。
決めれば勝利のジェフ、最後のキッカーは巻。落ち着いて決めた。

ジェフサポーターの席が映った。
歓喜でめちゃくちゃになってるかと思いきや、アップになった場所では、
サポーターが皆涙を流して、感動を噛み締めていた。

国立に、あの時ジェフを熱く語っていた彼はいるだろうか。

そしていつも味スタにいる東京サポ達も、
去年はあの場所で勝利に酔いしれたんだろうな・・・

満身創痍のメンバーだったガンバは、怪我人が徐々に復活しつつあるし、
今日の悔しさを晴らすべく、リーグ優勝に向けて一段と気合が入るだろう。
先に対戦しておいて良かった(笑)

・・・などと余韻に浸る間もなく、アナログフジテレビはあっさり中継が終了した。


FC東京&日本のサッカー | トラックバック(2) | コメント(2) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。